バイナリーオプションのライントレードにはコツがある?加藤エルが教えます!

バイナリーオプションのライントレードにはコツがある?加藤エルが教えます!

みなさんこんにちは。加藤エルです。

 

ライントレードで勝てる方法を教えてください!

ライントレードって難しいの?

ライントレードの逆張りのやり方を教えてほしい!

 

バイナリーオプションをある程度経験されている方から、バイナリーオプションのラインを使った取引手法について質問される方が非常に多いです。

 

ですので、今回の記事は僕が以前から記事に書いてる「ライントレード」についての詳細を書いていこうかと思います。

 

「ライントレード」をやるときには、ただ闇雲に線を引いて、「反発したポイントで逆張りエントリー!」というように行うという簡単なものではありません。

 

ライントレードでバイナリーオプションを攻略するに当たって大事な要素を書き出したので、ぜひ最後まで読んでください!

 

またライントレードについてもっと知識を深めたい方は下記の動画でさらに詳しく解説していますのでぜひご確認してください!

 

 

バイナリーオプションのライントレードにはコツがある?

バイナリーオプションのライントレードと聞くと、「水平線を引いたレジスタンスライン・サポートラインの反発を狙った逆張り手法」という取引方法を頭に浮かべると思います。

 

確かに、上記の解釈で間違ってはいませんが、ただラインに反発したから逆張りをしていいというわけではありません。

 

今回はバイナリーオプションの正しいライントレードのコツを解説いたします!

 

本記事の内容は以下のとおりです。

 

  • ライントレード使用するラインの種類
  • ライントレードに適した相場環境
  • ライントレードに適した時間帯
  • ライントレードのためのラインの引き方
  • ライントレードのメリット
  • ライントレードの注意点

 

本記事を最後まで読むことで、ライントレードのノウハウが身につきますので、ぜひ最後までお読みください!

 

ではさっそくご説明にしてきます!

 

ライントレードで使用するライントレードの種類

ライントレードを行ううえで、必ず覚えておかないといけないラインは2種類あります。

 

  • 水平線ライン
  • トレンドライン

 

大きく分けてこの2種類のラインは、ライントレードをするためには必要不可欠なので、どのようなものなのか覚えましょう!

 

ではそれぞれ、ご説明していきます!

 

ライントレードに必要不可欠のライン:水平線ライン

ライントレードに必要不可欠のライン:水平線ライン

水平線ラインとは、相場の高値同士、または安値同士を水平に結んだラインのことを指します。

 

上のチャート画面をご覧いただくと、赤い水平線ラインが高値同士を結んだ線で、青い水平線ラインが安値同士を結んだ線になります。

 

また、水平線ラインにはそれぞれ、高値同士を結んで上から相場を抑え込む線をレジスタンスライン安値同士を結んで下から相場を支える線をサポートラインとよびます。

 

レジスタンスラインを上に突破(ブレイク)すると、相場は上昇傾向になり、価格が上がっていくアップトレンドへのトレンド転換の指標になります。

 

反対に、サポートラインを下に突破(ブレイク)すると、相場は下落傾向になり、価格が下がっていくダウントレンドへのトレンド転換の指標になります。

 

レジスタンスラインのブレイク後、今度はレジスタンスラインが相場を下から支える線になると、レジスタンスラインからサポートラインに変わります。

 

サポートラインブレイク後も、サポートラインが上から相場を抑え込む線になると、サポートラインからレジスタンスラインに変わります。

 

この2種類のラインを総称して「水平線ライン」になります。

 

ライントレードに必要不可欠のライン:トレンドライン

ライントレードに必要不可欠のライン:トレンドライントレンドラインとは、トレンド発生時に引くラインです。

 

上昇トレンド発生時は、切り上げていく安値同士を結び下降トレンド発生時は、切り下がっていく高値同士を結びます。

 

上のチャート画面では、上昇トレンドの安値同士を結んだAとBのラインが、トレンドになります。

 

トレンドラインに反発して高値が切上がっていくと、上昇トレンドの継続を意味し、押し目買いの順張りトレードで、Highエントリーを入れるポイントになります。

 

反対に、トレンドラインに反発して安値が切り下がっていくと、下降トレンドの継続を意味し、戻り売りの順張りトレードで、Lowエントリーを入れるポイントになります。

 

また、トレンドラインをブレイクすると、トレンドの終了と転換を表す指標になりますので、ぜひ覚えてください!

 

ライントレードに適した相場環境

先ほどご説明した、水平線ラインとトレンドラインには、それぞれ使うときに適した相場があります。

 

それぞれのラインがどんな相場環境に適しているのかについて、ご説明いたします!

ライントレードに適した相場環境上のチャート画面では、Aが水平線ライン、Bがトレンドラインになります。

 

水平線ラインを引くときは、 高値と安値の幅があまり変動しない一定的な値動きをしている、レンジ相場が適しています

 

レンジ相場で引いた水平線ラインが意識されて、一定の値幅を為替レートが推移しているのが一目でわかります。

 

レンジ相場に引いた水平線ラインをブレイクすることを、「レンジブレイク」とよび、トレンドの発生を示唆するひとつの指標になります。

 

一方で、トレンドラインを引くときは、トレンドが発生しているトレンド相場に適しています。

 

上昇トレンド時には、トレンドラインが意識されて、相場が上昇する傾向が高く、下降トレンド時は、トレンドラインに沿って、相場が下落していく傾向が高いです。

 

ちなみに、Bのトレンドラインに平行して引いてある線を「チャネルライン」とよびます。

 

以上が、ライントレードに適したそれぞれの相場環境についてのご説明になります!

 

ライントレードに適した時間帯

では、水平線ラインやトレンドラインを引くのに適した相場環境が理解できたところで、それぞれの相場環境が現れやすい時間帯について解説いたします!

 

まず、前提の知識として為替市場には「世界3大市場」とよばれる、取引量が多い上位3つの市場があります。

 

  • 東京市場(オープン:9時~クローズ:17時)
  • ロンドン市場(オープン:17時~クローズ:翌3時)
  • ニューヨーク市場(オープン:22〜クローズ:翌5時)

 

では、それぞれの市場がオープンしている相場環境の特徴について解説いたします!

 

水平線ライントレードに適した東京時間

まずはじめに、東京市場がオープンしている日本時間の午前9時帯は、3大市場の中で最も取引量が少ないため、値動きはあまり出にくい特徴があります。

 

また、アジア圏のトレーダーが多く取引しているため、ドル円やクロス円などの、円が絡んでいる通貨ペアの値動きが出やすい傾向があります。

 

全体的な相場環境の傾向はレンジ相場が多いため、東京時間の午前9時から夕方17時までの時間帯は、「水平線ライントレード」 に適しています

 

トレンドライントレードに適したロンドン時間

次に、ロンドン市場がオープンしている日本時間の午後17時帯は、最も取引量が多い時間帯です。

 

そのため、相場の値動きも活発化し、相場に方向性や勢いが出やすいトレンド傾向になりやすいことから、「トレンドライントレード」が適しています。

 

トレンドライントレードに適したアメリカ時間

最後にニューヨーク市場がオープンしている日本時間の午後22時帯は、ロンドン市場に次いで取引量が多い市場です。

 

そのため、アメリカ時間の開始でさらに値動きが活発化する傾向が強いため、アメリカ時間の午後22時から翌午前5時までの時間帯では、「トレンドライントレード」が適しています

 

また、相場に大きな影響を与えるアメリカの経済指標も、この時間に発表されることが多いため、突発的な値動きにも注意が必要です!

 

下記の記事では、バイナリーオプションの勝ちやすい時間帯について解説していまずので、ぜひ下記の記事もあわせてご覧ください!

 

→バイナリーオプションの勝ちやすい時間帯と特徴【ここまでできればあと一歩】

 

ライントレードのための効果的なラインの引き方

ラインの種類やライントレードに適している相場環境について理解できたところで、「どこにラインを引けばいいのか?」について解説いたします!

 

水平線ラインとトレンドラインそれぞれのライン引くポイントについて解説いたしますので、ぜひ覚えて実践に活用していきましょう!

 

水平線ラインの効果的なラインの引き方

水平線ラインの効果的なラインの引き方水平線ラインを引いてライントレードしていくには、「どこにラインを引くか」が肝心です。

 

水平線ラインを引くときのポイントは、「同じ価格帯のポイントで何度も反発して強い抵抗帯や支持帯として機能している箇所」です。

 

より多く反発している回数が多いほど強い抵抗や支持として機能しています。

 

上のチャート画面のように、同じ価格上で何度も反発して機能しているポイントを見つけだし水平線ラインを引いていきます。

 

また、直近の高値と直近の値の部分にも、細かくラインを引くことで、ライントレードの際のトレード根拠が増えます。

 

また、下記の記事では水平線ライン以外にも、インジケーターなどのテクニカル指標を使ったレンジ相場の分析方法について解説していますので、ぜひ下記の記事もあわせてご覧ください!

 

→レンジ相場を見極めてバイナリーオプションの勝率を2倍高める方法

 

トレンドラインの効果的なラインの引き方

トレンドラインの効果的なラインの引き方上のチャート画面のように、トレンドラインを引くときは、上昇トレンドでは安値同士、下降トレンドでは高値同士を結びます。

 

トレンドラインを引くときには、ラインを引くための高値や安値が2つ以上必要になります。

 

トレンドラインを引くときのポイントは、水平線ライン同様に、何度も反発して機能しているポイントに引いていきます。

 

トレンドラインを引くことで、トレンドの継続と終了が判断できますので、トレンドラインを引いて、トレンド相場をマスターしましょう!

 

また、下記の記事ではトレンドライン以外にも、インジケーターなどのテクニカル指標を使ったトレンド相場の分析方法について解説していますので、ぜひ下記の記事もあわせてご覧ください!

 

→トレンド相場を見極めてバイナリーオプションの勝率を2倍高める方法

 

ライントレードを行うメリット

ライントレードでバイナリーオプションをすることには、メリットがたくさんあります。

 

  • 相場をシンプルに見るので誰でも判断しやすい
  • ラインを引くことで優位性のある取引ができる
  • ずっと相場を見ている必要はない
  • 基本的にライン以外に何も使わなくてもトレードが出来る

 

以上のようにライントレードは、数多くのプロトレーダーが使ってる手法であることから信憑性が高く、初心者でも簡単に分析ができるため再現性も高いです。

 

効果的なラインを引くためには、実践経験を積む必要がありますが、慣れればインジケーターを使ったロジックでの取引よりも、エントリーサインがわかりやすいため、バイナリーオプションを攻略するためにオススメの取引手法です!

 

ライントレードでエントリーするときの注意点

ライントレードを行っていると、ラインをブレイクしたが、またブレイクしたライン内にローソク足が戻ってきたということがあります。

 

これが、「ダマシ」です。

 

ですが、値幅で利益を出すFXと違って、1回のエントリーで決着がつくバイナリーオプションでは、ダマシがでてもエントリーを避けるという手段をとれば問題はありません。

 

エントリーの際は必ず、ラインにローソク足が触れて反転したことを確認出来てからエントリー、というように取引の際のエントリールールを決めておきましょう!

 

また、ダマシ回避の方法として、インジケーターなどのテクニカル指標もあわせてエントリーの根拠づけをすることをオススメします。

 

ライントレードを行う際は、インジケーターで相場環境や相場動向を判断し、エントリーのサインはライントレード、というように分析方法を分けることも重要です。

 

まとめ

今回はバイナリーオプションのライントレードの方法について解説いたしました!

 

ライントレードは、初心者でもわかりやすいエントリーサインであると同時に、プロのトレーダーも使っている取引手法であるため、エントリーの期待値はとても高い取引手法です。

 

ですが、ラインをむやみやたらに引いても勝てるわけではなく、しっかりとラインが機能するポイントに引けるかどうかが重要です!

 

そのためにも、ラインを使って実践を積むことで、効果的なラインが引けるようになり、バイナリーオプション攻略への第一歩を踏み出せます!

 

ですので、しっかりと本記事を読んで、バイナリーオプションでライントレードの実践をしてください!

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バイナリーサインツール無料プレゼント

バイナリーツール無料プレゼント

2019-2-18

バイナリーオプションサインツール無料プレゼント

当サイト管理人の加藤エルプロフィール

加藤エル
 

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日。

 

藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、何度も詐欺や配信グループなどで失敗しながらも、6ヶ月後にはまさかの月収60万超え。

 

→加藤エルってどんな人?詳しくはコチラをクリック!

質問や相談をしてみませんか?

バイナリーオプションのことなら無料で質問や相談が可能!

バイナリーオプションのアドバイスは下記のLINE@から!


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。