バイナリーオプションで儲かるために必要なこと6選【保存版】

バイナリーオプションで儲かるために必要なこと6選【保存版】

どうも加藤エルです。

 

バイナリーオプションで勝ちたくてもうまくいかない方はたくさんいらっしゃいます。

 

ですが、その原因を考えてもキリがありません。

 

バイナリーオプションで儲かるためには考え方を変える必要があります。

 

いったいどんな考え方なのか?

 

今回はバイナリーオプションで儲かるための必要な考え方について解説いたします。

 

自分と比べて違いを見つけて、ぜひこれからのトレードに生かしてください!

 

バイナリーオプションで儲かるために必要な考え方6箇条【保存版】

バイナリーオプションで儲かるためには、取引手法や高性能なサインツールも大事ですが、バイナリーオプションに対する考え方も大切です。

 

今回は、バイナリーオプションで儲かるために必要な考え方を6ヶ条としてご説明します!

 

本記事の内容は以下のとおりです。

 

  • 取引ルールを守る
  • 時間を決める
  • 取引回数を減らす
  • 経済指標は避ける
  • 人のせいにしない
  • 自分に打ち勝つ

 

いずれも基本的な考え方ですが、出来ていない方がほとんどです。

 

バイナリーオプションで儲かるためにはどれも必要な考え方ですので、ぜひ最後まで読んで、紹介する考え方ができるようにしましょう!

 

儲かるための考え方1箇条目:取引ルールを守るべし

儲かるための考え方として、まずは取引ルールを守ることです。

 

これは初歩中の初歩ですが、とても大事なことです。

 

なぜかといいますと、取引するときのエントリーポイントを探すときに、自分や誰かプロトレーダーが考えたロジックやサインツールなどを使用するわけであり、勝つためのポイントがしっかりとあります。

 

ですが、勝つポイントではないところでエントリーしてしまい負けてしまうというのはよく聞く話です。

 

例えばルールが3つあるロジックで、「3つ満たしてなくてもいけるだろうという安易な考えで
エントリーしてしまい負けてしまう」ということです。

 

さらに、負けを取り返そうとしてマーチンをしてしまうと最悪です。

 

しっかりと取引ルールを守れば、何がいけなかったが明確になり、負けてしまった場合でも次に生かせます。

 

ですので、しっかりと取引ルールを守ったうえで自分の悪いところを直していきましょう。

 

まだ取引ルールが確立していない方は、このサイトにたくさんヒントがありますのでそちらも併せてご覧ください。

 

→取引ルールが確立していない方のためのヒント

 

儲かるための考え方2箇条目:時間を決めるべし

次に儲かるために大事な考え方として、時間を守ることです。

 

仕事をされている方は、仕事が休みの日につい1日中チャート画面を眺め取引してしまいがちになります。

 

相場の1日の流れとして、レンジ相場とトレンド相場を繰り返しながら変動していきます。

 

1日眺めていると、取引したくてウズウズして不安定な相場でエントリーしてしまう可能性がグンと上がります。

 

1日中チャート画面を眺めていても必ずエントリーポイントに巡り合うわけでもありません。

 

取引をルーチン化して、毎日同じ時間帯に同じ時間取引することで勝てる流れが掴みやすくなります。

 

休みの日や時間がたくさん取れる日でもだらだら取引するのではなく、決まった時間に取引をすることをオススメします!

 

当てはまった人は、ぜひ今日から意識してみてはいかがでしょうか?

 

儲かるための考え方3箇条目:回数を決めるべし

勝てていない人の特徴として、取引回数が多いということが挙げられます。

 

これを読んでいるあなたは一日に何回取り引きを行っていますか?

 

一日10回以上行っている方は危険です。

 

ましてや1、2時間のうちに10回以上は勝てない人の典型的なパターンです。

 

長くバイナリーオプションをしていると、どんなツールやロジックでも相場が安定していない限りは取り引き回数は少なくなってしまいます。

 

相場が安定してても1、2時間に取引できる回数は限られています。

 

バイナリーオプションの取引方法は二者択一です。

 

どんなに優れたトレーダーでも回数が多くなればなるほど勝率は50%に近づいてきます。

 

「連打法があるじゃないか!」と異議を唱えるかもしれませんが、初心者には連打法は向いていません。

 

これはまた下記の記事で詳しく解説ししていますので、ぜひ本記事とあわせてご覧ください!

 

→バイナリーオプションで連打法をする前に知っておくべき真実【要注意】

 

つまり、回数が多ければ多いほど負けるリスクは高まります。

 

一日の取引回数を自分で設定して、その回数以上は取引しないようにすることがバイナリーオプションで儲かるための秘訣です。

 

もう一度自分の取引回数を見直し、日によってばらばらな人は回数を設定しなおすことを強くおすすめします。

 

→バイナリーオプションで勝てない原因はこれだ!勝てない理由7選

 

儲かるための考え方4箇条目:経済指標を避けるべし

これは実践している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

バイナリーオプションはFXと違い、どれだけ値動きがあっても利益と損失は変わりません。

 

経済指標の発表時は、大きく利益が出せるわけでもなく、動く方向も予測しづらいです。

 

そんな時はやみくもに取引をするのではなく、お休みすることを視野に入れて日々の取引をしてください。

 

儲かるための考え方5箇条目:人のせいにしない

人のせいにしてしまう人は、多くの方に当てはまると思います。

 

負けたときに、「ツールやロジックが悪い」「ハイローは詐欺だ!」「MT4だと値動きがずれる」と人のせいにしていませんか?

 

これではいつまで経っても勝てるようにはなりません。

 

儲かるための考え方として、負ける原因は必ず自分にあると考えましょう。

 

確かに世の中には勝てないツールを高額で販売する業者もいます。

 

ですが、それを購入して頼った自分も悪いのではないでしょうか?

 

投資行動は自己責任であり、誰かが助けてくれるわけではありません。

 

自分の何がいけないのか、これからどう直していくべきなのかをしっかり考えられる方だけが勝てるトレーダーになれるのです。

 

僕たちは皆さんが上手くいくようにヒントを与えますが、それをどう取引に生かしていくかは自分次第なのです。

 

人のせいにするのは簡単で、自分は傷つきません。

 

ですが、自分のためにもバイナリーオプションがうまくなるわけでもありません。

 

ひとつひとつの自分のトレードを見直し、何が悪いのかをしっかりと考えてください。

 

これができればあなたも勝てるトレーダーへの第一歩です。

 

儲かるための考え方6箇条目:自分に打ち勝つべし

人には必ず欲求があります。もちろん僕にもあります。

 

しかし、欲求に負けて資金を溶かしてしまったらもともこもありません。

 

バイナリーオプションで勝てているプロトレーダーは皆さん常に自分と戦っています。

 

勝率が60%以上でてきたら、あとは自分との戦いです。

 

勝てるからルールを破ってしまう人いらっしゃるのではないでしょうか?

 

それは自信ではなく慢心です。

 

勝てるトレーダーはどれだけ調子が良くても、自分が決めたルールは守ります。

 

下記の記事では、バイナリーオプションのメンタル管理の方法について解説していますので、ぜひあわせてご覧ください!

 

→バイナリーオプションはメンタルだけで80%勝てる!メンタル管理の方法5選

 

儲かるための考え方まとめ

今回は儲かるための考え方について6つ紹介いたしました。

 

  • 取引ルールを守る
  • 時間を決める
  • 回数を決める
  • 経済指標は避ける
  • 人のせいにしない
  • 自分に打ち勝つ

 

いずれも子供に諭すときに使うものですね。

 

今回は少々説教っぽくなってしまいましたが、決して皆さんが嫌いなわけではありません。

 

しっかりとバイナリーオプションで勝ってほしく心を鬼にして今回の記事を書きました。

 

いつまでもお子様トレーダーの称号を保持しているのではなく、勝てるために自分はどうすべきかを今回の記事から学んでいただければと思います。

 

ぜひ素敵なバイナリーライフ送ってください。

 

では、また次回の記事でお会いしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バイナリーサインツール無料プレゼント

バイナリーツール無料プレゼント

2019-2-18

バイナリーオプションサインツール無料プレゼント

当サイト管理人の加藤エルプロフィール

加藤エル
 

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日。

 

藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、何度も詐欺や配信グループなどで失敗しながらも、6ヶ月後にはまさかの月収60万超え。

 

→加藤エルってどんな人?詳しくはコチラをクリック!

質問や相談をしてみませんか?

バイナリーオプションのことなら無料で質問や相談が可能!

バイナリーオプションのアドバイスは下記のLINE@から!


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。