ZigZagを使ったバイナリーオプションの手法2選【勝率70%をカンタンに出せる!】

ZigZagを使ったバイナリーオプションの手法2選【勝率70%をカンタンに出せる!】

どうも加藤エルです!

 

「ラインを引くポイントがわからない」

「ダブルトップ・ダブルボトムの出現を知りたい!」

「エリオット波動が出現してるかわからない」

 

そんなときに有効なテクニカル指標として用いられる「ZigZag」というインジケーター。

 

バイナリーオプションで使われている方は少なく感じますが、逆張りや順張りなどにも使える、とても優秀なインジケーターのひとつですので、ぜひ覚えてください!

 

ZigZagを使ったバイナリーオプションの手法2選

今回はMT4にデフォルトで入っている「ZigZag」についてご紹介いたします!

 

ZigZagを使うと、ラインを引きやすくなったり、チャートパターンを見つけやすくなるので、今回の記事を読んでZigZagの使い方をマスターしてください!

 

本記事の内容は以下のとおりです。

 

  • ZigZagとはどんなインジケーターなのか
  • ZigZagの設定方法
  • ZigZagの基本的な使い方
  • ZigZagの取引での有効活用方法
  • ZigZag使用時の注意点

 

本記事を最後まで読むことで、ZigZagの使い方をマスターできますので、ぜひ最後まで読んでください!

 

ZigZagとはどんなインジケーター?

ZigZagとは、レートの高値と安値を1本の折れ線で表している、とてもシンプルで見やすいインジケーターです。

 

ZigZagは相場の値動きが反転する転換点を判断するために用いられるインジケーターで、「ZigZag」の名前のとおり、鋭角に折れ曲がってジグザグしています。

 

ZigZagの線が折れ曲がらない限りは、同一方向への推移が継続する可能性がることを意味し、ZigZagの線からレートの上昇や下落に転じるポイントを確認できます。

 

高値と安値の位置同士を1本の線で結んでくれるため、バイナリーオプション初心者にも使いやすいインジケーターになります。

 

ZigZagをチャート画面上に設定しよう!

ではさっそく、「ZigZag」をMT4のチャート画面上に表示させてみましょう!

 

ZigZagをチャート画面上に設定しよう!

まずはじめに、MT4上部の「インジケーターリスト」を開きます。

 

インジケーターリストの下部にある、「カスタム」にカーソルを当てると、カスタム内のインジケーター一覧が表示されます。

 

ZigZagをチャート画面上に設定しよう!

たくさんインジケーターが表示されている中から、「ZigZag」を見つけてクリックしてください。

 

ZigZagをチャート画面上に設定しよう!

クリックすると、上の設定画面が出てきますが、初期設定のままで問題ありません。

 

ZigZagのパラーメーターの意味は以下のとおりです。

 

  • Depth:ZigZagで結ぶローソク足の本数
  • Deviation:山、谷の転換率
  • Backstep:反転の判断をする期間

 

ZigZagの「Depth」の値を小さくすると、山や谷の幅が小さくなり、値を大きくすると、山と谷の幅が広くなります。

 

ZigZagをチャート画面上に設定しよう!

設定が完了すると、上野チャート画面のように、ZigZagが表示されます。

 

ZigZagを表示することで、ラインを引きやすくなったり、高値や安値の切り上げ切り下げがわかりやすくなりますので、ぜひ表示させてみましょう!

 

ZigZagの基本的な使い方

では次に、ZigZagの基本的な使い方について解説いたします。

 

ジグザグチャートを使えば反転する転換点を判断できるので、タイミングは下降から上昇に転じたときはHighエントリー、逆に上昇から下降に転じたときはLowエントリーというように狙うこともできます。

 

ですが、ジグザグチャートだけでのエントリーでは信頼性に欠けるため、基本的な使い方としましては、ラインを引くときやチャートパターンを見つけるときの補助として使います。

 

ZigZagの基本的な使い方

例えば、上のチャート画面のように、ジグザグチャートで高値と安値が頂点となっているため、頂点同士をレジスタンスラインとサポートラインを引き安くなります!

 

ZigZagの基本的な使い方上のチャート画面では、ジグザグチャートで安値が切上がっていることが確認できます。

 

その後、高値を更新できずジグザグチャートが、「M字」になっているため、ダブルトップだと判断ができます。

 

このように、ジグザグチャートはチャートの波形やラインの補助として使うことが、基本的な使い方になります。

 

下記の記事ではラインの引き方について詳しく解説していますので、ぜひ下記の記事もあわせてご覧ください!

 

→ライントレードにはコツがある?加藤エルが教えます!

 

ZigZagを使ったバイナリーオプションの手法2選【エリオット波動】

では、ZigZagを使った取引での有効活用方法についてご説明します!

 

今回は「エリオット波動」をジグザグチャートでとらえた手法を2つ紹介します!

 

  • 押し目買いを狙った順張り
  • 頂点での反転を狙った逆張り

 

ではそれぞれ、詳しく解説いたします!

ZigZagを使って押し目買いを狙う順張り手法

ZigZagを使って押し目買いを狙う順張り手法

まずはじめに、①ジグザグチャートで安値を切り上げている相場を見つけます。

 

②ジグザグチャートに従ってトレンドラインを引きます。

 

すると、③トレンドラインに触れたポイントで、ジグザグチャートが下落から上昇に転換したポイントが、押し目買いポイントです。

 

④しっかりとローソク足が反転し確定したら、順張りでエントリーします。

 

基本的に、押し目買いはエリオット波動の上昇3波目と上昇5波目のはじめに、ZigZagが反転をしたポイントでのエントリーになります。

 

ZigZagを使って頂点での反転を狙う逆張り手法

ZigZagを使って頂点での反転を狙う逆張り手法先ほどの、チャート画面のに①チャネルラインを引きます。

 

②チャネルラインに触れているポイントで、ジグザグチャートが頂点をつけて反転したことを確認します。

 

③しっかりとローソク足が反転し確定したら、逆張りでエントリーをします。

 

基本的に、逆張りはエリオット波動の上昇4波目と下降1波目のはじめに、ZigZagが反転をしたポイントでのエントリーになります。

 

ZigZag使用時の注意点

ZigZagを使うときの注意点として、ZigZagをエントリーのサインとしてはあまり使わないことです。

 

ZigZag単体での使用は信頼性に欠けるため、他のインジケーターと併用することをオススメします。

 

また、あくまでZigZagはチャート上の波形をとらえるために有効なインジケーターのため、今回紹介した手法も「ZigZagでエリオット波動の波形をとらえて、エントリーサインはラインの反発」として使用しています。

 

ZigZagは、しっかりとチャートの波形について学ぶことで非常に強い味方になりますので、チャートパターンもしっかりとあわせて覚えてください!

 

下記の記事ではチャートパターンについて紹介していますので、ぜひしっかりと学んでください!

 

→チャートのパターンを3つ覚えて勝つ!バイナリー手法を紹介!

 

まとめ

今回は「ZigZag」というインジケーターについて解説いたしました!

 

ZigZagはMT4にデフォルトですでに入っていて、初心者でもわかりやすく使いやすいインジケーターの一つです。

 

また初心者に限らず、中級者や上級者もチャートの波形をとらえるために表示させているバイナリーオプショントレーダーは多いです!

 

ですので、この記事をきっかけに「ZigZag」をチャート画面に表示させて、使ってみてはいかがでしょうか?

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バイナリーサインツール無料プレゼント

バイナリーツール無料プレゼント

2019-2-18

バイナリーオプションサインツール無料プレゼント

当サイト管理人の加藤エルプロフィール

加藤エル
 

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日。

 

藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、何度も詐欺や配信グループなどで失敗しながらも、6ヶ月後にはまさかの月収60万超え。

 

→加藤エルってどんな人?詳しくはコチラをクリック!

質問や相談をしてみませんか?

バイナリーオプションのことなら無料で質問や相談が可能!

バイナリーオプションのアドバイスは下記のLINE@から!


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。