HoodedTraderIndicatorを使ったバイナリーオプションの逆張り手法を公開!

HoodedTraderIndicatorを使ったバイナリーオプションの逆張り手法を公開!

どうも加藤エルです!

 

「バイナリーオプションで相場の強さがわかるインジケーターはありますか?」

「バイナリーオプションで使える無料インジケーターが知りたい!」

「バイナリーオプションの逆ばりに相性がいいインジケーターを教えてください!」

 

今回は相場の強さがわかるオシレーター系インジケーター、HoodedTraderIndicatorについて解説いたします!

 

HoodedTraderIndicatorを使ったバイナリーオプションの逆張り手法を公開!

世界のトレーダーが過去のチャートのデータを元に作成できるカスタムインジケーター。

 

MT4ではこのカスタムインジケーターを無料や有料などでダウンロードして、チャート画面に組み込みことができます。

 

今回はカスタムインジケーターのひとつ「HoodedTraderIndicator」について、MT4への設定方法や使用方法についてご説明します!

 

本記事の内容は下記のとおりです。

 

  • HoodedTraderIndicatorとはどんなインジケーターなのか
  • HoodedTraderIndicatorのMT4への設定方法
  • HoodedTraderIndicatorの基本的な使い方
  • HoodedTraderIndicatorを使ったバイナリーオプションのエントリー方法

 

本記事を最後まで読むことで、HoodedTraderIndicatorを使ってバイナリーオプションで取引ができるようになります!

 

ぜひ、最後までお読みください!

 

HoodedTraderIndicatorとはどんなインジケーターなのか

HoodedTraderIndicatorとは、チャートのサブウィンドウに表示される、オシレーター系のカスタムインジケーターです。

 

HoodedTraderIndicatorは緩やかな移動平均線のようなラインと、ギザギザしたラインとの乖離している幅を、赤と青で表示しています。

 

HoodedTraderIndicatorでは、トレンド相場の強弱を乖離している幅から、トレンドの方向性を色から判断するカスタムインジケーターです。

 

HoodedTraderIndicatorのMT4への設定方法

では、HoodedTraderIndicatorをMT4に設定する方法についてご説明していきます!

 

HoodedTraderIndicatorの設定手順は以下のとおりです。

 

  • HoodedTraderIndicatorをMT4に挿入
  • HoodedTraderIndicatorをMT4上に表示

 

ではさっそくHoodedTraderIndicatorを設定していきましょう!

 

HoodedTraderIndicatorをMT4に挿入

 

では、さっそく上記のリンクからHoodedTraderIndicatorをダウンロードしましょう!(ダウンロードはPCのみになります)

 

GMMAの設定方法2

まずはじめに、MT4上部のファイルから「データフォルダを開く」をクリックしましょう!

 

データフォルダが開けたら、「MQL4→Indicators」の順にフォルダを展開してください!

 

Indicatorsフォルダが開けましたら、先ほどダウンロードしていただいた「HoodedTrader.ex4」を、フォルダ内にいれましょう!

 

挿入が終わりましたら、MT4をいったん閉じて再度立ち上げてください。

 

HoodedTraderIndicatorをMT4上に表示

MT4上部の「インジケーターリスト」から、「カスタム」にカーソルをあてると、外部から挿入したインジケーターリストが開かれます。

 

その中からHoodedTraderを探して、クリックしてください。

 

HoodedTraderをクリックすると、設定画面表示されますので、必ず「全般」のタブから、「DLLの使用を許可する」にチェックを入れましょう。

 

「DLLの使用を許可する」にチェックを入れないと、上の画像のようにエラーメッセージが表示され、HoodedTraderIndicatorを表示することができません。

 

「OK」をクリックすると、上の画像のようにHoodedTraderIndicatorがチャート画面に表示されます。

 

では、実際にHoodedTraderIndicatorの使い方についてご説明していきます!

 

HoodedTraderIndicatorの基本的な使い方

HoodedTraderIndicatorの基本的な使い方は、ギザギザしているラインと、緩やかなラインのクロスから、トレンドの発生を判断していきます。

 

ギザギザしているラインと、緩やかなラインが下から上へと、ゴールデンクロスした場合は上昇トレンドの発生。

 

ギザギザしているラインと、緩やかなラインが上から下へと、デッドクロスした場合は下降トレンドの発生を表します。

 

また、相場が上昇しているにも関わらず、HoodedTraderIndicatorが赤色の下落を示しているときは、ダイバージェンスの発生により、トレンドが弱まっていることを表します。

 

HoodedTraderIndicatorを使った取引手法

HoodedTraderIndicatorを使ったバイナリーオプションの取引手法について解説していきます!

 

今回はHoodedTraderIndicatorをメインのエントリーサインとして、移動平均線とエンベロープでエントリーができるかどうかを判断していきます。

 

HoodedTraderIndicatorを使った逆張り手法で使用するチャート画面の設定は下記になります。

 

  • 5分足
  • HoodedTraderIndicator
  • 移動平均線:期間20・60
  • エンベロープ:期間20・偏差0.05%

 

では、早速エントリーポイントについて見ていきましょう!

 

HoodedTraderIndicator+移動平均線+エンベロープ

まず、①移動平均線がデッドクロスしたことで、相場に下降トレンドが発生したことを確認します。

 

次に、②HoodedTraderIndicatorのデッドクロスにより、本格的なトレンド方向が決定したことを確認します。

 

①②が確認できたら、③エンベロープの下限にローソク足が到達したことを確認します。

 

③により、相場と移動平均線との乖離が起こっているため、相場を元に戻そうとする力が働きます。

 

エントリーポイントは、③が確認出来次第、④HoodedTraderIndicatorの乖離と角度をつけて戻ったポイントで逆張りエントリーです。

 

まとめ

今回は、HoodedTraderIndicatorの使い方について解説しました!

 

HoodedTraderIndicatorはトレンドの方向性や強弱を見れるだけでなく、相場の乖離も同時に確認できる優秀なインジケーターです。

 

また、HoodedTraderIndicatorはオシレーター系インジケーターなので、ダイバージェンスによるトレンドが弱まっているポイントも確認できます。

 

ぜひ、今回の記事を読んで、HoodedTraderIndicatorを表示してみてはいかがでしょうか?

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サインツール無料プレゼント

2019-12-5

バイナリーオプションサインツール無料プレゼント

当サイト管理人の加藤エルプロフィール

加藤エル
 

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日。

 

藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、何度も詐欺や配信グループなどで失敗しながらも、6ヶ月後にはまさかの月収60万超え。

 

→加藤エルってどんな人?詳しくはコチラをクリック!

質問や相談をしてみませんか?

バイナリーオプションのことなら無料で質問や相談が可能!

バイナリーオプションのアドバイスは下記のLINE@から!

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。