裁量トレードの極意!バイナリーオプションの裁量で勝率を安定させる方法3選

裁量トレードの極意!バイナリーオプションの裁量で勝率を安定させる方法3選

どうも加藤エルです!

 

バイナリーオプションの裁量トレードを学びたい!

バイナリーオプションの裁量トレードって何ですか?

バイナリーオプションでツールを使わない取引をしたい!

 

バイナリーオプションで勝ち続けるためには、裁量を磨くことが一番の近道です。

 

ですが、バイナリーオプションの裁量と言っても、なかなかピンと来ない方は多いと思います。

 

今回は、バイナリーオプションの裁量トレードをしてみたいけどやり方がわからないと言う方の悩みにお応えします!

 

裁量トレードの極意!バイナリーオプションの裁量で勝率を安定させる方法3選

バイナリーオプションで勝つためには、まずは裁量を身につけなければなりません。

 

ですが、裁量と一言で言っても、いったい裁量とはなんなのか分からない方も多いと思います。

 

ですので、今回はバイナリーオプションの裁量トレードについて解説していきます!

 

本記事の内容は以下のとおりです。

 

  • バイナリーオプションの裁量トレードとはなにか
  • バイナリーオプションの裁量トレードで勝率を安定させる方法
  • バイナリーオプションの無裁量は危険な件

 

本記事を最後まで読むことで、バイナリーオプションの裁量トレードとは何か、どうすれば裁量トレードができるのかが理解できます!

 

ぜひ最後までお読みください!

 

90%が勘違い!バイナリーオプションの裁量トレードとは?

まずは、バイナリーオプションの裁量トレードとは何かについて解説していきます!

 

裁量トレードという言葉を知っている方の中で、裁量トレードと聞くと、サインツールなどを使わずにチャートを分析してトレードを行う方法というイメージを持たれているかと思います。

 

ですが、上記のような解釈は間違いです。

 

バイナリーオプションの裁量トレードとは、自分で考えて自分でエントリーする取引方法です。

 

ですので、サインツールを使っているかいないかは問題ではありません。

 

サインツールを使用している場合でも、「このポイントでエントリーをするのか」と考えることも、裁量トレードのうちに入っています。

 

このように、自分の裁量で取引を行うか行わないかの判断をしていく方法を裁量トレードといいます。

 

さい‐りょう〔‐リヤウ〕【裁量】
[名](スル)その人の考えによって判断し、処理すること。「君の裁量に任せる」「店の経営を一人で裁量する」
出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バイナリーオプションで裁量トレードで勝率を安定させる方法3選

では、バイナリーオプションの裁量トレードで勝率を安定させるためには、どのような裁量をしていけばいいのかいついて解説していきます!

 

バイナリーオプションの裁量トレードで、勝率を安定させるためには以下の3つの方法があります。

 

  • チャート分析能力を身につける
  • 資金管理を徹底する
  • 的確なエントリーをするための判断力を身につける

 

では、それぞれどのようなことなのかについて解説していきます!

 

裁量トレードの極意①:チャート分析能力をつける

まず、バイナリーオプションの裁量トレードに必要なことはチャート分析能力です。

 

インジケーターやライン等のテクニカル指標を用いた、テクニカル分析を行って、現在のレートがどのように動くかを分析する能力は必要不可欠です。

 

そのため、インジケーターの使い方や、ラインの引き方、ローソク足やチャートのパターンなど、チャート分析を行うための判断材料について、知識をつけなければなりません。

 

そして、つけた知識を実際のチャートに照らし合わせて分析していく練習をすれば、チャート分析能力は自然と身についていきます。

 

この、チャート分析能力は1週間や1ヶ月で身につくものでは無く、最低でも1年はかかることを念頭に置き、日々の分析を行ってください!

 

また、下記の記事ではバイナリーオプションのチャート分析による予測のたて方について解説していますので、ぜひ下記の記事もあわせてご覧ください!

 

→予測次第でこんなに違う!バイナリーオプション攻略への近道とは?

 

裁量トレードの極意②:資金管理を徹底する

つぎにバイナリーオプションの裁量トレードで大事なことは、徹底された資金管理能力です。

 

取引金額をいくらで取引を行うかも裁量要素に含まれてきます。

 

一般的な資金管理方法としては、自己資金の2%~5%の取引金額で行っていきます。

 

ですが、エントリーポイントの状況に応じて、取引金額を下げたり上げたりすることで、リスクを抑えながら取れるポイントはとっていくことができます。

 

必ずしも、資金管理は2%~5%ではないこと覚えておき、臨機応変に1%にしたり10%に上げたりすることも大切です。

 

裁量トレードの極意③:的確なエントリーをする判断力をつける

バイナリーオプションの裁量トレードの3つ目のポイントは、的確なエントリーをする判断力を身につけることです。

 

バイナリーオプションでは、感情的なエントリーをしてしまうと負けてしまいます。

 

負けたら熱くなってしまい、無理なエントリーをしてしまったり、勝ったら欲が出て、ムダなエントリーをしてしまったりと、感情的になる方は要注意です。

 

しっかりとエントリーポイントが来るまで待つことや、チャートを見て相場が荒れていたらエントリーを休むといった判断力はとても重要です。

 

知識やチャート分析も重要ですが、的確なエントリーをするための判断力も外せない裁量トレードの要素になります。

 

ぜひ、説明した3つの裁量トレードのポイントを意識して、バイナリーオプションの取引を行ってください!

 

バイナリーオプションの「無裁量」は危険です

最後に、「バイナリーオプションで裁量のいらない取引手法を教えてください!」とおっしゃられる方が一定数いらっしゃったので、バイナリーオプションで無裁量は危険というお話をします。

 

バイナリーオプションで無裁量トレードを行うということは、常に変化する相場に対して思考停止をして取引を行うということです。

 

つまり、無裁量トレードでは考えることを諦めているため、変化する相場に対して臨機応変に対応ができないということです。

 

臨機応変に対応できないと、突発的なニュースなどで相場が大きく変動したときに負けてしまう可能性が高くなります。

 

また、サインツールを使った無裁量トレードでは、出てきたサインに対して全てエントリーしてしまうため、勝率が50%に収束してきてしまいます。

 

勝率50%だと、バイナリーオプションでは損失になってしまうため、資金がだんだんと減っていきます。

 

また、裁量をいれずに楽して勝とうと考えてる時点で、バイナリーオプションで稼ぐには不可能なので、ノーリスクで始められるアフィリエイトなどをオススメします。

 

まとめますと、バイナリーオプションを無裁量で取引を行うと、変化する相場に対して対応出来ず、チャート分析の経験値もたまらないため、マイナスになる可能性が非常に高くなります。

 

ですので、バイナリーオプションを行う時は、必ず裁量要素はいれるように心がけましょう!

 

まとめ

今回は、バイナリーオプションの裁量トレードについて解説しました!

 

バイナリーオプションの裁量とは、「このポイントでエントリーできるのか?」「少し不安だからエントリー金額を下げよう」「相場が荒れてるから今日は取引を休む」といった、自分で考えて取引を行う方法です。

 

自分で考えない、無裁量トレードを行うと、バイナリーオプションで勝つことはできず、損失がだんだん増えていき、バイナリーオプションを止めざるをえなくなります。

 

そうならないためにも、バイナリーオプションに裁量要素をいれることで、勝率を安定させましょう!

 

インジケーターやライン、サインツール、どんなやり方でも、裁量をいれることが重要です。

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サインツール無料プレゼント

2019-8-10

バイナリーオプションサインツール無料プレゼント

5000円を無料で受け取ろう!

当サイト管理人の加藤エルプロフィール

加藤エル
 

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日。

 

藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、何度も詐欺や配信グループなどで失敗しながらも、6ヶ月後にはまさかの月収60万超え。

 

→加藤エルってどんな人?詳しくはコチラをクリック!

質問や相談をしてみませんか?

バイナリーオプションのことなら無料で質問や相談が可能!

バイナリーオプションのアドバイスは下記のLINE@から!


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。