フィボナッチを使ったバイナリーオプション順張り手法

バイナリーオプション バイナリー BO MT4 mt4 フィボナッチ フィボナッチリトレースメント 順張り 手法 攻略 使い方 見方 トレンド 強さ 転換 フィボナッチ数列 フィボナッチ比率 黄金比 プロ トレーダー 投資家 ライン トレード エントリー ポイント サイン 指標 テクニカル 分析 水平線 インジケーター 相場 チャート 為替 レート

どうも加藤エルです!

 

「フィボナッチとはなんですか?」

「押し目や戻しをわかりやすくしたい!」

「トレンド相場での順張り手法を知りたい!」

 

トレンド相場での戦略の立て方のパターンは2種類あり、「トレンド発生時」と「相場の押し目・戻し」の2種類で戦略を立てていきます。

 

トレンド発生時と相場の押し目・戻しを判断するためには、ラインやインジケーターなどのテクニカル指標を使うことで判断可能になります。

 

今回は、トレンド発生時と相場の押し目・戻しを判断するために重要な「フィボナッチ」について解説いたします!

 

フィボナッチリトレースメントを理解するためには、まずレジスタンスライン・サポートラインの知識が必須になりますので、レジスタンスライン・サポートラインの理解を深めてから今回の記事をご覧ください!

 

→バイナリーオプションのライントレードにはコツがある?加藤エルが教えます!

 

フィボナッチを使ったバイナリーオプション順張り手法

相場にトレンドが発生するポイントは、なんとなく為替レートの変動から判断が可能ですが、押し目や戻しを判断できる初心者トレーダーは少ないです。

 

そのため、ほとんどの方が逆張りをしてトレンド発生時に資金を溶かしてしまうということが多々あります。

 

ですので、今回は押し目や戻りを一瞬で判断できるように、「フィボナッチ」についての理解を深めていきましょう!

 

本記事の内容は以下のとおりです。

 

  • フィボナッチとは
  • フィボナッチの引き方
  • フィボナッチの基本的な使い方
  • フィボナッチを使った攻略法

 

本記事を最後まで読むことで、フィボナッチをバイナリーオプションで最大限に活用できるようになりますので、ぜひ最後までお読みください!

 

フィボナッチとは?

フィボナッチとは、価格の「抵抗帯」と「支持帯」を予測するためのテクニカル指標の1つです。

 

フィボナッチは、名前にもあるとおり「フィボナッチ比率」をもとに作成されていて、上昇トレンド中の押し目や、下降トレンド中の戻りを形成します。

 

フィボナッチ比率とは、世界的に有名な「フィボナッチ数列」から計算されていて、為替相場ににかかわらず、自然界や建造物、芸術作品にも使用されています。

 

そのため、投資家の集団心理で変動する為替相場では、このような自然の摂理で動くと考えられています。

 

つまり、フィボナッチは多くのトレーダーが注目しているテクニカル指標になるとうことです。

 

フィボナッチ数列とフィボナッチ比率とは?

ここまでの説明だけで、フィボナッチという単語が何回も繰り返されてきましたが、もう少し我慢でしてフィボナッチについての理解を深めていきましょう!

 

フィボナッチリについて理解する上で出てきた、「フィボナッチ数列」と「フィボナッチ比率」について説明していきます。

 

フィボナッチは、12世紀から13世紀に活躍した数学者、レオナルド・フィボナッチに由来して付けられました。

 

次の数列をご覧ください。

 

「 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233,377・・・」

 

このように、永遠と繰り返されるこの数列を「フィボナッチ数列」とよび、「連続する2つの数字の合計が次の数字になる」「数字をある法則に従って割ると一定になる」という特徴があります。

 

では、どのようなものか例を見てみましょう!

 

まず、1つ目の特徴「連続する2つの数字の合計が次の数字になる」を見ていきましょう!

 

1₊2=3

3+5=8

5+8=13

 

と、隣同士2つの数字を足すと次の数字になるという特徴があります。

 

2つの目の「数字をある法則に従って割ると一定になる」は以下のようになります。

 

  • その数字を1つ後の数字で割ると0.618になる
  • その数字を2つ後の数字で割ると0.382になる
  • その数字を3つ後の数字で割ると0.236になる

 

では、フィボナッチ数列をもとに計算してみましょう!

 

233÷377=0.618

55÷144=0.382

89÷377=0.236

 

フィボナッチ数列は上記のような法則性があり、「0.618」「0.382」「0.236」という倍率を「フィボナッチ比率」とよびます。

 

色んな種類のフィボナッチ

フィボナッチには下記のようないろんな種類のフィボナッチがあります。

 

  • フィボナッチ・ファン
  • フィボナッチ・エクスパンション
  • フィボナッチ・チャネル
  • フィボナッチ・アーク
  • フィボナッチ・グリッド
  • フィボナッチ・タイムゾーン
  • フィボナッチ・リトレースメント

 

今回説明していくのはその中の「フィボナッチリトレースメント」というものです。

 

一般的にフィボナッチとよばれるものは、「フィボナッチリトレースメント」を表していて、それ以外の種類はあまり重要視しなくても問題ありません!

 

基本的にはこのフィボナッチリトレースメントだけを覚えてけば大丈夫なので、本記事を読んでフィボナッチリトレースメントを学んでいきましょう!

 

フィボナッチリトレースメントの引き方

フィボナッチを引くときは、トレンド発生するまえではなく、トレンド発生した後に引くのが基本です。

 

MT4 mt4 フィボナッチ フィボナッチ・リトレースメント バイナリーオプション バイナリーオプション BO チャート 引き方MT4上部の「フィボナッチリ・トレースメント作成」を選択すると、フィボナッチを引くことができます。

 

MT4 mt4 フィボナッチ フィボナッチ・リトレースメント バイナリーオプション バイナリーオプション BO チャート 引き方フィボナッチを引くときにはまず初めに、トレンドの安値と高値を見つけます。

 

見つけた安値と高値を結ぶと、フィボナッチ比率が自動で表示されます。

 

表示されるフィボナッチ比率は、引いた高値と安値の値幅にたいして、23.6%、38.2%、50.0%、61.8%、76.4%が水平ラインとして表示されます。

 

以上がフィボナッチの引き方になります!

 

フィボナッチリトレースメントの基本的な使い方・見方

フィボナッチの基本的な使い方は、「23.6%、38.2%、50.0%、61.8%、76.4%」の水平ラインをレジスタンスライン・サポートラインとして使います。

 

基本的にこの5つの比率が、投資家あいだが重要視するポイントなので、ぜひこの5つを覚えましょう!

 

強いトレンド時は23.6%と38.2%を意識しよう!

MT4 mt4 フィボナッチ フィボナッチ・リトレースメント バイナリーオプション バイナリーオプション BO チャート トレンド 強さ 使い方 見方上のチャート画面をご覧いただくと、押し目になったポイントが38.2%です。

 

このあとの相場は、何度も高値を更新しながら上昇しているのが確認できます。

 

このように、23.6%と38.2%が押し目になっている相場では、トレンドの強さが強く、トレンドが継続していく傾向が強くなります。

 

50.0%と61.8%はトレンド転換の予兆!

MT4 mt4 フィボナッチ フィボナッチ・リトレースメント バイナリーオプション バイナリーオプション BO チャート トレンド 強さ 転換 使い方 見方上のチャート画面をご覧いただくと、相場が50.0%まで下落して、反転しているのが確認できます。

 

先ほど、23.6%と38.2%で反転すると、トレンドが継続する傾向が強いと述べましたが、50.0%や61.8%で反転すると、トレンド転換をする傾向が強まります。

 

50.0%で反転するということは、トレンドが継続する都考えるトレーダーがいる一方で、半分まで反転したから、そろそろトレンド転換するだろうと考えるトレーダーも出てくるということは、カンタンに予測できます。

 

このように、50.0%や61.8%で反転すると、トレンド転換をする傾向が強まるということになります。

 

フィボナッチリトレースメントを使ってバイナリーオプションを攻略しよう!

では、フィボナッチをつかったバイナリーオプションのエントリーポイントについて解説いたします!

 

今回のMT4の設定内容は以下のとおりです。

 

  • 移動平均線20、60
  • 一目均衡表
  • MACD

 

インジケーターを使用する目的は、「トレンドの発生」と「トレンドの強さ」を判断するためなので、この設定でなくても問題ありません!

 

フィボナッチを使ったバイナリーオプションのエントリーポイント

MT4 mt4 フィボナッチ フィボナッチ・リトレースメント バイナリーオプション バイナリーオプション BO チャート トレンド 強さ 転換 使い方 見方 エントリーサイン サイン エントリーポイント まず始めに、❶インジケーターの推移によりトレンド発生を確認します。

 

つぎに、❷インジケーターが向いている方向性が全て一致していることを確認しましょう。

 

❶❷から、トレンドがしっかりと出たことを確認したら、❸高値と安値に対してフィボナッチを引きます。

 

❸で引いたフィボナッチの23.6%か38.2%にローソク足が触れたポイントで、❹ローソク足が反転したのを確認できたら、❺つぎのローソク足の始値でエントリーします。

 

以上がフィボナッチを使ったバイナリーオプションの取引手法になります!

 

フィボナッチの50.0%や61.8%は、トレンド転換を示唆するポイントになりますので、必ずエントリーをするときは、23.6%か38.2%のラインを意識しましょう!

 

23.6%か38.2%のラインを意識することで、トレンド転換による負けが回避できるため、自然と勝率は高まります。

 

まとめ

今回はフィボナッチを使ったバイナリーオプションの手法について解説しました!

 

フィボナッチはフィボナッチ比率に基づいた水平ラインであるため、他のライン同様に必ずいつかはブレイクします。

 

ブレイクしたときに、どのように立ち回るのかまで考えられることが、バイナリーオプションで勝つためには重要です。

 

しっかりと、ライントレードについて学んだ上で、フィボナッチについて理解を深めましょう!

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バイナリーサインツール無料プレゼント

バイナリーツール無料プレゼント

2019-7-5

バイナリーオプションサインツール無料プレゼント

当サイト管理人の加藤エルプロフィール

加藤エル
 

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日。

 

藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、何度も詐欺や配信グループなどで失敗しながらも、6ヶ月後にはまさかの月収60万超え。

 

→加藤エルってどんな人?詳しくはコチラをクリック!

質問や相談をしてみませんか?

バイナリーオプションのことなら無料で質問や相談が可能!

バイナリーオプションのアドバイスは下記のLINE@から!


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。