バイナリーオプションの超優秀なRegressionの紹介!【知る人ぞ知る】

バイナリーオプションの超優秀なRegressionの紹介!【知る人ぞ知る】

どうも加藤エルです。

 

まだまだ世の中には皆さんが知らない優秀なインジケーターがたくさんあります。

 

その中でも、簡単で実践的なインジケーターを加藤エルが使ってみて紹介していこうと思います。

 

今回紹介するインジケーターは、「Regression_MT4_V2」というインジケーターです。

 

ぜひ最後まで読んで、実践に役立てましょう!

 

バイナリーオプションの超優秀なRegressionの紹介!

Regressionは日本語に訳すと「回帰」という意味で、相場価格のレートの散らばりの合計を最小化した回帰直線を用います。

 

少しボリンジャーバンドに似たインジケーターとなっていますが、実際の使い方はどんなものなのか解説いたします。

 

今回の内容は以下の通りです。

 

  • Regressionとはどんなインジケーターなのか
  • Regressionの設定方法
  • Regressionを使った取引手法

 

では、さっそくRegressionについて見ていきましょう!

 

Regressionとはどんなインジケーター?

Regressionとはどんなインジケーター?

Regressionとはトレンド系追随型のテクニカル指標で、ボリンジャーバンドは中心に移動平均線を用いますが、Regressionは中心に回帰直線を用います。

 

回帰直線とは、一次関数を利用した統計学状の指標で、皆さんがよく知るトレンドラインとは少々異なり、安値や高値どうしを結ばずにローソク足の中間を通って表されます。

 

Regressionは、その中心に標準誤差を線を、プラス方向とマイナス方向に表示させて、線形回帰トレンドを作り出します。

 

誤差によって作り出されたプラス方向とマイナス方向の線が、レジスタンスラインやサポートラインとして機能するのが、このテクニカル指標です。

 

つまり、Regressionはトレンド系追随型のゾーン系インジケーターになります。

 

Regressionの特徴

Regressionの特徴は以下の3です。

 

  • トレンド系追随型指標
  • 中心に回帰直線を用いる
  • 中心線と±2標準誤差(±2μ:ミューズ)の5本の線をも用いる

 

これらの特徴を利用して、トレンドに乗ったエントリーや、ボリンジャーバンドのような反発を利用して取引を行います。

 

ボリンジャーバンドと大きく違うところは、中心の線が移動平均線ではなく、回帰直線を利用している点です。

 

また、ボリンジャーバンドよりも、トレンドの方向性がわかりやすくなっています。

 

以上がRegressionの特徴になります。

 

では次は実際にチャート画面に設定していきましょう。使用するチャート画面はMT4です。

 

Regressionの設定方法

では実際にRegressionをMT4に設定していきます。

 

Regressionと検索エンジンで調べると、たくさん似たようなインジケーターが出てきますが、中でも一番分かりやすい「Regression_MT4_V2」というインジケーターを今回使用ます。

 

Regression_MT4_V2を下記のリンクからダウンロードします。

 

 

ダウンロードしたファイルは、デスクトップに保存すると設定がスムーズにできます。

 

MT4にRegression_MT4_V2を挿入する

それでは以下の手順で、MT4にRegressionを挿入していきます。

 

①MT4上部の[ファイル]をクリック

②[データフォルダを開く]をクリックししてフォルダを開く

③[MQL4]→[Indicators]の順にフォルダを展開

④展開したフォルダにダウンロードしたRegression_MT4_V2のファイルをドラッグ&ドロップ

⑤フォルダとMT4を×ボタンですべて閉じ再起動

 

これでMT4の挿入が完了しました。次にチャート画面に設定した行きます。

 

チャート画面ににRegression_MT4_V2を表示させる

MT4を再度立ち上げましたら、次にMT4のチャート画面に表示させましょう。表示方法は下記です。

 

①MT4上部の[挿入]をクリック

②[インディケータ」→[カスタム]も順に展開。

③[Regression_MT4_V2]を見つけてクリック

④パラメーターの設定画面が出てきますが初期設定のまま[OK]をクリック

 

これで画面表示ができました。下記の画像のようになっていれば問題ありません。

チャート画面ににRegression_MT4_V2を表示させる

 

ローソク足の動きに従って赤と水色の帯が形成されます。中心の線が回帰直線です。

 

では実際にどのように取引していくのか解説いたします。

 

Regressionを使った取引手法

ではRegressionを使った実際の取引ルールについて解説します。

 

まず取引の方法ですが、基本的に1分足、または5分足で、取引手法は、逆張りで行っていきます。

 

よって、為替レートが上がったらLow、為替レートが下がったらHighでエントリーします。

 

では基本のルールについてご説明します。

 

Regressionの基本ルール

Regressionの基本ルール基本ルールはとても簡単です。

 

  • 上の青いゾーンにローソク足が入ったらLow
  • 下の青いゾーンにローソク足が入ったらHigh
  • 上の赤いゾーンにローソク足が入ったらLow
  • 上の赤いゾーンにローソク足が入ったらHigh

 

青いゾーンと赤いゾーンどちらでエントリーして構いませんが、外側の赤いゾーンのほうが青いゾーンよりも期待値は高くなります。

 

また、どちらもRegression単体だとダマしにあう可能性がありますが、赤いゾーンよりも青いゾーンのほうがダマしにあう確率が高いです。

 

ですので、青いゾーンでは取引の準備をし、赤いゾーンに入ったらエントリーといった取引方法をオススメします。

 

Regressionと相性のいいインジケーター

ダマしを極力避けるためには、他のインジケーターと組み合わせて根拠を厚くすることが重要です。

 

相性が悪いと根拠が機能しないことがありが、Regressionはトレンドの方向性を見極めることもできますし、先述した手法で逆張りもできますので、相性が悪いインジケーターは少ないです。

 

その中でも、特に相性のいいインジケーターを2つ紹介します。

 

  • ボリンジャーバンド
  • RSI

 

Regressionと相性のいいインジケーターボリンジャーバンドはRegressionと見た目が似ていますが、バンド形成の基準が違います。

 

ローソク足の中心を結んで形成されるRegressionに対し、ボリンジャーバンドは移動平均線を基準に形成されます。

 

つまり、異なった基準で形成されたバンドに、ローソク足が反応すると期待値が大きくなります。

 

 

Regressionと相性のいいインジケーターRegressionは逆張りに使えるため、逆張り系のオシレーターとは相性がいいです。

 

その中でも、わかりやすく使いやすいRSIとはとても相性がよくなります。

 

取引ルールは先ほど説明したRegressionのルールと、RSIの30と70が超えたポイントです。

 

どちらも基本ルールを足したものなので、バイナリーオプションの初心者でも簡単に分析することができます。

 

Regressionの使い方まとめ

今回は、バイナリーオプションの超優秀なRegressionについてご紹介いたしました!

 

Regressionはかなり優秀なインジケーターで、バイナリーオプションはもちろん、FXなどにも活用できます。

 

では取引ルールを振り返ってみましょう。

 

  • 上の青いゾーンにローソク足が入ったらLow(期待値:低)
  • 下の青いゾーンにローソク足が入ったらHigh(期待値:高)
  • 上の赤いゾーンにローソク足が入ったらLow(期待値:低)
  • 上の赤いゾーンにローソク足が入ったらHigh(期待値:高)

 

この記事をきっかけにぜひ、Regressionをこれからのバイナリーオプションに取り入れてみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サインツール無料プレゼント

2019-8-28

バイナリーオプションサインツール無料プレゼント

当サイト管理人の加藤エルプロフィール

加藤エル
 

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日。

 

藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、何度も詐欺や配信グループなどで失敗しながらも、6ヶ月後にはまさかの月収60万超え。

 

→加藤エルってどんな人?詳しくはコチラをクリック!

質問や相談をしてみませんか?

バイナリーオプションのことなら無料で質問や相談が可能!

バイナリーオプションのアドバイスは下記のLINE@から!


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。