【第6回】加藤エルおすすめインジケーター

今回は第5回で紹介したRSIと兄弟のようなインジケーター
「CCI」についてご紹介いたします。

CCIとは「Commodity Channel Index」を略したものです。
統計的な平均値が現在の価格からどのくらい離れているのかを算出しています。
CCIの特徴として、他のオシレーター系のインジケーターとは違って、
0や100などの最大最小値がありません。

またCCIは同じ期間で設定したEMAよりもシグナルが早く出るのも
大きな特徴になります。

CCI自体の考え方として値動きには一定で周期があると言われています。
完璧にサイクルしていると言えるわけではありませんが、
上下の動きのサイクルが相場で見られる事はよくあり、
これをCCIで予測するのです。

要するに、RSI同様「売られすぎ、買われすぎ」を
判断する指標であると覚えておきましょう。

あくまで単体で使うものではなく
他のテクニカル指標と合わせて利用するものなので注意が必要です。

CCIの設定方法

それでは実際に、RSIをチャート画面に表示してみましょう。

いつも通り、「インディーケータ-リスト」を開きます。
RSI同様にオシレーターリストを開きます。
その中に「Commodity Channel Index」があるのでこちらをクリックしてください。

そうしますと、上の画像のようなウィンドウが開きますので、
パラ-メーターで期間を設定します。
CCIの場合は初期設定値のままで大丈夫です。
ここで変更するのは、適用価格です。

適用価格が「CLOSE」になっていない方はCLOSEにしてください。
「CLOSE」で設定する理由は、RSIと組み合わせた時に、
適用価格を合わせるためです。

「OK」をクリックすると、上のように「RSI」が表示されます。
これで設定完了です。

CCIの使い方

サブウィンドウの右側に「100」「0.00」「-100」という数値があります。
このラインをグラフがどう交差するかでレートの動きを予測します。

  • グラフが100のラインを上から交差・・・レートが下降する
  • グラフが-100のラインを下から交差・・・レートが上昇する

基本的には上のふたつの使い方です。
典型的な逆張りオシレーターの見方と一緒です。
ただ、この指標だけで予測するのは危険なので、
他の指標と併用して的中率が上がるようにしましょう。

CCIは逆張りだけではなく、順張りにも利用できます。
転換点を狙えば逆張りに使え、
+100や―100の値を抜けたところで順張りというように
ボリンジャーバンド同様どちらにも使える指標になります。

通常の移動平均線よりも反応が早いです
また指数平滑移動平均線よりも更に早い反応示してくれます。

リアルタイムで今売られ過ぎか、買われ過ぎかがわかるので
危険なエントリーが避けることが出来ます。

しかしCCIにはデメリットもあります。

1つはCCI単体では根拠が薄いということです。
オシレーター系のインジケーターにありがちなのが、
オシレーター単体だけでは十分な力を発揮しないということです。

CCIはボリンジャーバンドや移動平均線、RSIなどの
他のインジケーターと相性がいいため
ポピュラーなインジケーターと組みわせることで
十分な力を発揮することが出来ます。

またCCIの1番大きなデメリットは天井・底が見えないということです。
±100を基準にしても±200まで突き抜けることもあります。
ですので、逆張りを狙って行くとしたら、
ダマシにあう可能性が高くなります。

天井・底に関してはRSIやボリンジャーバンドで
対応できるので、逆張りをする際は
天井・底が判断できるようなインジケーターと
組み合わせることをおすすめします。

CCIと相性のいいサインツールを無料プレゼント

今回紹介したCCIでは、大きなデメリットとして
天井・底の判断がつかないということです。

そこで、僕が開発したこちらのサインツールと組み合わせれば
天井・底が一目でわかるので勝率もグッと上がります。

今回はこのサインツールを「加藤エルバイナリー」を
見てくださっている方全員に無料でプレゼントいたします。

受け取り方は、
1.下記の友達追加ボタンから加藤エル公式ラインを追加する
2.ツール受け取りの説明を受ける
3.ツールを無料プレゼント
です。

ではお申し込みはこちらになります。

※プレゼント企画は途中で終了する可能性がございます。
お申し込みの際はお早めにお願いします

関連記事

過去のおすすめインジケーターシリーズはこちらになります

【第1回】加藤エルおすすめインジケーター:一目均衡表
【第2回】加藤エルおすすめインジケーター:ZigZag
【第3回】加藤エルおすすめインジケーター:ストキャス
【第4回】加藤エルおすすめインジケーター:MACD
【第5回】加藤エルおすすめインジケーター:RSI

 

その他インジケーターの紹介はこちら

ボリンジャーバンド
【バイナリーオプション攻略】ボリンジャーバンドを使った必勝法!
移動平均線
意外と知られていない順張り手法を公開!【前編】

30 Second Binary options

関連記事

バイナリーツール無料プレゼント

2017-12-19

バイナリーツール無料プレゼント

プロフィール

sample_001

名前:加藤エル

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日、藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、6ヶ月後にはまさかの月収50万超え。現在は借金を全て返済し様々な媒体でお得な情報を発信しています。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。