仮想通貨暴落?!その驚きの真相と対策とは・・・

1月17日に起きた仮想通貨・ビットコインの大暴落も記憶に新しく、
ツイッターやブログ上は投資家たちが悲鳴を上げて、大混乱となりました。

皆さんもご存じの通り、仮想通貨とはインターネット上で使われるお金のこと。
円やドルなどの法定通貨のように紙幣や硬貨といった実物は存在しません。

現在、世界には1千種類以上の仮想通貨があると言われており、
その代表格が2009年に運用が開始されたビットコインです。

一部の家電量販店や航空会社で支払いに使えるなど、
利用できる場が増えたことにより、
昨年、ビットコインの価格は急激に上昇しました。

年末には230万円まで急騰し、
年初時点の10万円前後から、1年足らずで約20倍にまで膨れ上がり、
1億円以上の利益を得た“億り人”も出現し、話題になりました。

しかし、歓喜も束の間、
それから1カ月で半値以下の100万円を割り込んだので、
悲鳴どころの騒ぎではなかったでしょう。

ビットコインは基本的に、
長い時間をかけて右肩上がりになると考えていますが、
短期的には乱高下するものだと僕は思います。

そもそもボラティリティ(価格変動)が大きいので、
1日で価格が30%から40%変動してもおかしくありません。

価格変動がしやすい理由としては、
制度や法整備がまだ発展途上のため、
投機対象である仮想通貨の売買が活発だからです。
 

日本の投資家を揺るがせたニュース

2018年1月26日金曜日、プレミアムフライデー真っ只中、
再びビットコインをはじめとする仮想通貨のほとんどが大暴落しました。

きっかけは日本の取引所「コインチェック」の日本円を含む全通貨の出金停止

その数時間前に、
コインチェックは「NEM」という仮想通貨の入出金および
売買の停止をアナウンスしていました。

ネット上ではさまざまな情報が取りざたされていましたが、
仮想通貨は全般的に下落し、
ビットコインは1月17日の暴落時を越える下げ幅となりました。

まだ下げ止まった感はなく、
ここからさらに値を下げていく可能性も考えられると思います。

2017年末の韓国や中国の仮想通貨規制から始まり、
1月中旬の暴落、「コインチェック社」の580億円不正流出と、
年末から年始にかけ、仮想通貨をめぐる不穏なニュースは数多いと感じます。

ちょうど2018年から投資を始めようとしていた人にとっては、
驚きだったことでしょう。
 

これからの仮想通貨市場はどうなるの?

2018年の仮想通貨市場は規制との勝負になると予想します。

すでに中国や韓国、ドイツではビットコインへの規制が検討され、
イスラム教圏ではビットコイン=射幸性を煽るものとして
禁止令が発行されました。

規制されすぎると、仮想通貨市場が閉鎖的になり、
求める人が減ることから価値が下がり、
相場が低水位することが予想されます。

特に投資初心者で資金管理の苦手な方は、
ビギナーズラックで数回うまくいった後、
次で大損するということがよくあります。

仮想通貨はFX取引やバイナリーと比べて
ハイリスクハイリターンです。

もし仮想通貨を始めるなら、
この資金はなくなっても構わないという覚悟をもって
市場に参加することをおすすめします。

仮想通貨で大損したときの対策

では、損したときに多大なる借金だけが残るような状況にならない為には
どうしたらよいのでしょうか?

答えは簡単です。

別に収入源を確保しておけば、
仮想通貨で失敗しても大きな痛手は負わないでしょう。

現在、仮想通貨に投資をしている投資家は、
仮想通貨だけに投資しているわけではありません。

FX、株、バイナリーオプションなどにも、
投資をしているのです。

また、他の投資から得た収入を仮想通貨に入れているので、
相乗効果でどんどん利益が膨らんでいく
ということも可能になります。

投資はいかにリスクを抑えられるかが肝心です。

仮想通貨で損するリスクを抑えるために、
他の投資も学ぶのが良いかもしれないですね。

どの投資を学べばいいかわからない

投資を学ぶと一言で言っても、
種類が多いので何から始めて良いか分からないと言う人が
多いかもしれません。

FX、株、日経、バイナリーオプションと
今の時代、さまざまな投資方法があります。

では何から学べば良いのでしょうか。

結論から言うと、“バイナリーオプション”をおすすめします。
バイナリーオプションは他の投資と比べて、
少額の資金から始めることができます。

FXでの初回入金額は
業者にもよりますが、約5~10万円。

株はFXと違って
レバレッジというものが無いので約50~100万円は必要になります。

それと比べて、バイナリーオプションでは
これも業者によりますが5000円~1万円
少額からでもスタートできます。

また、短時間で勝敗がわかるので、
空き時間にできるのもおすすめする理由の一つです。

まだまだバイナリーオプションの魅力はたくさんありますが、
今回は仮想通貨で失敗したときの対策として紹介させていただきました。

相場は生き物です。
いつどんな動きをするかは神様にしか分かりません。

どんな動きをするか予想するかも大事ですが、
どんな動きをしても対応できるようにすることも大事です。

仮想通貨はまだ上がる」と未来人に教えてもらったならいいですが、
あくまで、そこら辺のただの投資家が言っているだけに過ぎません。

予想が外れて大暴落!」なんて投資の世界では良くあることです。
例)リーマンショック、スイスショック、トランプ大統領就任、北朝鮮のミサイルetc.

そうなったときの為にバイナリーオプションを
初めて見るのも1つの手かもしれないですね。

30 Second Binary options

関連記事

バイナリーツール無料プレゼント

2017-12-19

バイナリーツール無料プレゼント

プロフィール

sample_001

名前:加藤エル

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日、藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、6ヶ月後にはまさかの月収50万超え。現在は借金を全て返済し様々な媒体でお得な情報を発信しています。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。