知らないなんてあり得ない!バイナリーオプションの順張り手法

どうも加藤エルです。
最近手法についての記事を更新していないことに
気がついたので今回は順張りの手法について解説いたします。

 

順張りとはトレンドが出ている相場に対して、
同じ方向エントリーをするという手法です。

 

例えば上昇トレンドでしたらHighエントリー
下降トレンドでしたらLowエントリーになります。

 

では順張り手法についてお話していきます。

順張りの準備はトレンドの発生を見極める

順張りをするにはまず、今の相場はトレンド相場なのかを
見極める必要があります。

 

見極め方はいくつかありますが、
代表的なものを4つ紹介します。

トレンドの発生を見極めるその1|エキスパンション

上の画像のように、ボリンジャーバンドが収縮しているところから
突然大きく開いたポイントです。

 

これは大きく値が動きだした時に起こります。
この場合はその方向へと勢いがつきやすくなるため、
1つのトレンド発生の指標としてみます。

 

ですので、ボリンジャーバンドのエキスパンションをみつけたら
順張りの準備になります。

トレンドの発生を見極めるその2|バンドウォーク

こちらもボリンジャーバンドを見て判断します。

上の画像のようにボリンジャーバンドのバンドを
沿うように動くことをバンドウォークと言います。

 

こちらも動いた方向に勢いが強くなります。
また連足といって同じローソク足が何本か続けば、
動き方が安定しているため、エントリーしやすいという判断もできます。

トレンドの発生を見極めるその3|レンジのブレイクアウト

上の画像を見ていただけたら分かると思います。
レンジ相場での高値や安値を超えることをいいます。

 

これだけでは「だまし」といって、
少し突き抜けたあと戻ってきてしまうということもあります。

 

ですので、突き抜け方などから判断する必要はあります。
しかし、ブレイクアウトした場合はトレンドの発生を疑っても
良い場面ですので、見かけたら順張りの準備をしてもいいです。

トレンドの発生を見極めるその4|厚い雲の雲抜け

過去の記事で一目均衡表の説明をしたときに、
詳しくご説明しましたので、
気になる方は最後にリンクを貼っておきますのでご覧ください。

上の画像のように、雲が厚い場所で雲をローソク足が突き抜けた場合、
その方向に勢いが付きやすくなります。

 

この場合もトレンドの発生を疑うことで、
順張りする準備ができます。

順張りの準備ができたら早速エントリー

前述したポイントが見つかったら、
次にどこでエントリーを行うかです。

 

もちろん、発生時にエントリーもいいですが、
よりリスクを抑えるためにはエントリーポイントを
明確にされたほうがいいです。

 

加藤エルがおすすめするポイントは

  • 押し目買い
  • 戻り売り

この2点です。

 

押し目買いとは、相場が上がった後に、
調整である程度下がってきます。
下がってきた場所で、さらに買いをいれて上がる場面です。

 

戻り売りの場合は逆になります。

 

それがどこかというと、

  • 20maでの反発
  • 雲の端で反発
  • レジスタンスからサポート、サポートからレジスタンス

この3点が代表的です。
他にもフィボナッチを引く方法もありますが、
それは今度ご紹介します。

 

ここでのV字を意識されれば、
よりリスクを抑えた順張りができると思います。

 

ですので、そういったポイントを是非見つけてください!

バイナリーオプションの順張り手法まとめ

順張りはまず、トレンドの発生を見つける。
トレンド発生時を見つけたら次に押し目買い、戻り売りポイントを狙って
トレンド方向にエントリー。

 

上記のサイクルで順張りがより簡単にできると思います。

 

また、順張りについては他の記事でも詳しく解説していますので、
是非ご覧いただけたらと思います。

 

一目均衡表についての記事は下記のリンクからご覧ください。
【第1回】加藤エルおすすめインジケーター

このエントリーをはてなブックマークに追加
30 Second Binary options

関連記事

バイナリーツール無料プレゼント

2017-12-19

バイナリーツール無料プレゼント

Japanese all-rounder

プロフィール

sample_001

名前:加藤エル

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日、藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、6ヶ月後にはまさかの月収50万超え。現在は借金を全て返済し様々な媒体でお得な情報を発信しています。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。