【いつからあるの?】バイナリーオプションの歴史

【いつからあるの?】バイナリーオプションの歴史

どうも加藤エルです。

 

バイナリーオプションはいつからあるの?

バイナリーオプションが日本にきたのはいつ?

バイナリーオプションはなぜ今流行っているの?

 

加藤エルも実際バイナリーオプションの歴史についてはあまり詳しくなかったので気になってしまいました。

 

そこからはすぐにGoogle先生に「バイナリー いつから?」などと検索をして色々調べたところ、思っていた以上に面白かったので、今回誰にでも簡単にわかるようにバイナリーオプションの歴史についてまとめました!

 

いつもと趣向を変えているので、興味がある方だけ楽しんでもらえたらと思います。

 

バイナリーオプションの歴史を知ることで、理解が深まるなんてこともあるかもしれないですね!

 

【いつからあるの?】バイナリーオプションの歴史

いまでは幅広い層から、FXにならんで人気のある投資であるバイナリーオプション。

 

ですが、意外にもバイナリーオプションが知られ始めたのがここ最近ということはご存知でしたか?

 

バイナリーオプションの歴史について知ることで、まだまだバイナリーオプションの市場が拡大していくのか、はたまた仮想通貨のように収束していくのかについて考えることができます!

 

今回はバイナリーオプションの歴史について学んでいきましょう!

 

本記事の内容は以下のとおりです。

 

  • バイナリーオプションの歴史
  • バイナリーオプションのブーム到来はいつか
  • バイナリーオプションの国内業者の規制よる変化
  • バイナリーオプションの未来

 

本記事を最後まで読むことで、バイナリーオプションの歴史について理解が深まりますので、ぜひ最後までお読みください!

 

バイナリーオプションの歴史

低資金から始められる比較的敷居の低い取引方法として4、5年前から日本で人気の出ているバイナリーオプション。

 

その歴史は実はまだ浅く、イギリスのIGホールディング株式会社が金融商品化した金融取引のことです。

 

金融先進国のアメリカで初めて2003年に正式な金融商品として確立されました。

 

現在2018年なので、バイナリーオプションが生まれてから15年しかたっていないということです。

 

バイナリーオプションのような取引は数十年前から存在はしていましたが、その取引に関する規制をまとめ、厳密な金融商品として商品化したのがIGホールディングスというわけです。

 

そして2009年、IGホールディングスは日本のFX ONLINE JAPANと提携を組みます

 

FX ONLINE JAPANはFXをメインに扱っている企業でしたが、事業拡大のため、アメリカで人気が高まっていたバイナリーオプションに目を付けたのです。

 

これが後のIGマーケッツ証券です。

 

このように歴史をたどってみるとまだまだバイナリーオプションは歴史が浅く発展途上ともいえますね。

 

また、下記の記事ではバイナリーオプションとFXの違いについて詳しく解説していますので、ぜひ下記の記事も合わせてご覧ください!

 

→バイナリーオプションとFXの違いは?投資を始める前の基礎知識

 

バイナリーオプションのブーム到来

バイナリーオプションよりも先に日本で取引をされていたFXは、個人投資家を中心に人気が出ました。

 

そして、主婦やサラリーマンの中で数千万もの利益を上げる方が、ちらほらと現れ始めたことからFXブームが到来しました。

 

その影響からか、取引ルールのわかりやすさや、資金効率の高さからバイナリーオプションの人気も爆上げしたということです。

 

しかし、2009年に発生したリーマンショックや世界的金融恐影響で、うなぎ上りだった人気もいったんは鎮火されてしまいました。

 

その後、世界経済が落ち着いたことから再びバイナリーオプションの人気も回復し、取扱業者は国内、国外とともに増えました。

 

2011年には日経新聞に取り上げられるなどから、個人投資家が外貨にかかわるための一手段としてバイナリーオプションは注目を浴びる金融取引となったのです。

 

国内業者の規制によるバイナリーオプションの変化

ここまで人気が出ていたバイナリーオプションでしたが、2013年に大きな転機が訪れます。

 

それは、日本国内業者への、取引時間などに関する大きな規制です。

 

今までは国内外の業者にかかわらず、取引が可能だった超短期トレードが、国内業者に関しては行われなくなったのです。

 

これは日本国内でバイナリーオプションのギャンブル性を問題視した政府が、利用者の安全性を考慮したうえで規制をかけたのです。

 

そして、国内業者では利益を出しづらくなったことから、多くの日本のトレーダーは海外業者へと移行したといわれています。

 

ハイローオーストラリアなどの海外業者なら、規制をうけずとも規制前と同じように超短期取引で利益が出せるというメリットがあります。

 

→ハイローオーストラリアの魅力を1分で解説!【バイナリーオプションを始めるなら今がチャンス!】

 

この規制によって提供されるサービスの違いが明確になり、自分にあった業者をトレーダー自身が真剣に考えなくてはならない時代になったといえます。

 

バイナリーオプションのこれからの未来

今でも「ハイローオーストラリアは無くなる」などという噂が流れているのをよく耳にします。

 

ですが、上記でも述べましたとおりバイナリーオプションの市場が整い始めたのは2013年の国内業者の規制です。

 

つまり、バイナリーオプションは日本で認められ出してから、月日があまり経っていないということです。

 

ということは、バイナリーオプションはまだまだ金融取引として、生き残り続けるのではないかと思います

 

国内業者が規制されたなら海外業者も規制されるのでは?」と考える方も少なくはありません。

 

ですが、FXを例にとってみると、FXでかけられるレバレッジは国内の規制では最大25倍までですが、海外のFX会社を利用するとレバレッジは888倍までかけられる会社もあります。

 

そして、海外のFX会社での口座開設は今現在でも可能です。

 

FX会社の例からいえることは、バイナリーオプションのような短期取引が日本で規制されているからといって、海外業者で口座開設が不可能になったり日本での利用のみ規制がかかるといったことはありません。

 

ただ、この先キャッシュレスが進んで通貨が発行されなくなってしまうなんてことも考えられるため、永遠にバイナリーオプションで取引出来るかといわれればそうではないでしょう。

 

バイナリーオプションがいつまであるかは加藤エルもわかりませんが、1ついえることは、バイナリーオプションは1年や2年では消えないということです。

 

もし、「バイナリーオプションは無くなるのでは」と考えている方がいらっしゃるのであれば、とりあえず始めてみてはいかがでしょうか?

 

バイナリーオプションの歴史まとめ

今回はバイナリーオプションの歴史について解説しました!

 

バイナリーオプションの歴史を年表にまとめますと以下になります!

 

  • 2003年:イギリスの会社IGホールディングスによりアメリカで初めて正式な金融商品に登録される
  • 2009年:IGホールディングスが日本のFX OMLINE JAPANと提携
  • 2011年:日経新聞に取り上げられるほど人気が出始める
  • 2013年:国内業者への規制によるバイナリーオプションの変化

 

バイナリーオプションは日本でも正式な金融取引(投資)方法として認められています。

 

浅はかな知識で楽に稼ごうという考えでは、やはり稼ぐことは難しいです。

 

しっかりと知識をつけたうえで、国内外どの業者が自分に合っているかを自分で考えて、バイナリーオプションに取り組んでください。

 

下記の記事ではバイナリーオプションの業者選びのコツについて解説していますので、ぜひバイナリーオプションの業者選びの参考にしてください!

 

→バイナリーオプションの業者選びのコツ【失敗しない業者の選び方】

 

ではまた次回の記事でお会いしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バイナリーサインツール無料プレゼント

バイナリーツール無料プレゼント

2019-7-5

バイナリーオプションサインツール無料プレゼント

当サイト管理人の加藤エルプロフィール

加藤エル
 

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日。

 

藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、何度も詐欺や配信グループなどで失敗しながらも、6ヶ月後にはまさかの月収60万超え。

 

→加藤エルってどんな人?詳しくはコチラをクリック!

質問や相談をしてみませんか?

バイナリーオプションのことなら無料で質問や相談が可能!

バイナリーオプションのアドバイスは下記のLINE@から!


ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。