逆張りしたい人はまずこれを見ろ!バイナリーオプション逆張り手法

逆張りしたい人はまずこれを見ろ!バイナリーオプション逆張り手法

どうも加藤エルです。

 

「バイナリーオプションの逆張りのやり方を知りたい!」

「バイナリーオプションの逆張り手法を教えて!」

「バイナリーオプションの逆張りで勝てるコツはありますか?」

 

バイナリーオプションをされている方で、このような声を多数いただきました。

 

ですので、今回はバイナリーオプションの逆張り手法について解説します!

 

バイナリーオプションで逆張りをしたい人は、今回の内容をよく読んで、逆張り手法の基礎を固めてください!

 

逆張りしたい人はまずこれを見ろ!バイナリーオプション逆張り手法

日本のバイナリーオプションのユーザーが行っている手法で最も多いのが逆張り手法です。

 

ですが、バイナリーオプションの逆張り手法をトレンド相場で行ってしまい失敗したり、適切な時間帯で逆張りがされていなかったりします。

 

今回はバイナリーオプションの逆張りについて理解が薄い方が多数いたので、バイナリーオプションの逆張りについてご説明します!

 

本記事の内容は以下のとおりです。

 

  • 逆張り手法とは?
  • 逆張り手法がハマる相場環境
  • 逆張り手法に最適なレンジ相場になりやすい時間帯
  • 逆張り手法に必要なテクニカル分析方法
  • 逆張りに適したインジケーター

 

本記事を最後まで読むことで、バイナリーオプションの逆張り手法について理解が深まり、結果的に勝率アップにつながります!

 

ですので、ぜひ最後までご覧ください!

 

バイナリーオプションの逆張り手法とは何か

バイナリーオプションにおける「逆張り」とは、現在の値動きの方向に逆らって逆方向にエントリーをする手法です。

 

ですが、バイナリーオプションの逆張りについて、このような理解だけでは勝率はあがりません!

 

本来の逆張りとは、どこまで上がるか、どこまで下がるかを予測した上で、これ以上は上がらないからLowエントリーこれ以上は下がらないからHighエントリーというようにエントリーする手法になります。

 

本来の逆張りについて分かっていないと、ボリンジャーバンドのバンドウォークに引っかかってしまったり、トレンド発生しているのにも関わらずエントリーしてしまい負けてしまいます。

 

逆張りを攻略する上で必要なことは、しっかりと為替レートの天井圏と底値圏を見極めることです!

 

次のセクションでは、逆張り攻略のための、天井圏と底値圏を見極めやすい相場について解説します!

 

バイナリーオプションの逆張り手法でがハマる相場環境

逆張り攻略のための、天井圏と底値圏を見極めやすい相場とは、レンジ相場です。

 

レンジ相場とは、一定の値幅を往復する相場環境のことをさし、「ボックス相場」や「レンジトレンド」ともよばれます。

 

ではどのような相場がレンジ相場だと判断するのか、MT4のチャート画面を使用しながら解説します!

 

どんな相場がレンジ相場?逆張りのためのレンジ相場の判断方法

どんな相場がレンジ相場?逆張りのためのレンジ相場の判断方法

上のチャート画面をご覧いただくと、価格が一定の値幅を上がったり下がったりしているのが確認できます。

 

基本的に逆張りとは、上のチャートのような一定の価格水準を上がったり下がったりするレンジ相場の天井圏や底値圏でに到達したときに、反対方向へエントリーする手法です。

 

ですので、ローソク足の実体が小さい値動きのない相場や、値動きに方向性の出ているトレンド相場では、天井と底が不明確なため、逆張りでエントリーするための相場環境ではありません。

 

一方で、値動きが出ているトレンド相場でエントリーする場合は順張り手法でエントリーしていきます。

 

また、レンジ相場の見極め方については、下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひあわせてご覧ください!

 

→レンジ相場を見極めてバイナリーオプションの勝率を2倍高める方法

 

では次のセクションでは、レンジ相場になりやすい時間帯について解説します!

 

逆張り手法に最適なレンジ相場になりやすい時間帯

レンジ相場になりやすい時間帯は、東京市場の開いている9時~17時帯です。

 

東京市場の特徴として、市場参加者がアジアのトレーダーしかいないため、大きな値動きが出にくい傾向があります。

 

そのため、東京市場の開いている東京時間では、相場に影響をあたえる大きなニュースや材料がない限り、レンジ相場になりやすいです。

 

「仕事があるから昼間はトレードできないじゃないか!」と副業でバイナリーオプションをされている会社員の方に言われるかもしれませんが、そんなことありません。

 

確かに、東京市場が閉まるころには、最も参加者の多いロンドン市場、ニューヨーク市場という順番に開くため、値動きが活発になります。

 

ですが、ニューヨーク市場が開いてからは、重要な経済指標や材料がないとレンジ相場になる場合もあります。

 

これは、「なぜレンジ相場になるのか」について考えていただければカンタンです。

 

必ずしも、夕方から夜にかけてトレンド相場になるわけではありませんので、サラリーマンの方や夜しかバイナリーオプションをできない方はご安心ください!

 

また、時間帯分析については下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひあわせてご覧ください!

 

→バイナリーオプションの勝ちやすい時間帯と特徴【ここまでできればあと一歩】

 

バイナリーオプション逆張り手法に必要なテクニカル分析

逆張り手法はレンジ相場で行うということについて理解できたかと思います。

 

では、レンジ相場の天井や底はどのように判断するのでしょうか?

 

使うテクニカル指標は「水平ライン」です。

 

水平ラインを引くことで、相場を上から押さえつけたり、下から支えたりする値動きがわかりやすくなります。

 

どの価格帯が意識されているのだろう?」と考えて水平ラインを引くことで、そのラインが、相場を上から押さえつけるレジスタンスラインや、下から支えるサポートラインになります。

 

そして、ローソク足がレジスタンスラインやサポートラインに触れて反発したポイントが、バイナリーオプションで逆張りをするチャンスになります。

 

つまり、水平ラインを引くことで、意識されている価格帯がわかるため、その価格帯でローソク足が反転したら逆張りするポイントになるということです。

 

水平ラインを使った、バイナリーオプションのライントレードについては下記の記事で解説していますので、ぜひ下記の記事もあわせてご覧ください!

 

→バイナリーオプションのライントレードにはコツがある?加藤エルが教えます!

 

バイナリーオプションの逆張り手法に適したインジケーター

では最後に、バイナリーオプションの逆張り手法に適したインジケーターをいくつかご紹介します!

 

バイナリーオプションの逆張り手法に適したインジケーターは下記になります。

 

  • RSI
  • ストキャスティクス
  • CCI
  • エンベロープ

 

それぞれの使い方については、別の記事で詳しく解説していますので、ぜひ気になった逆張りインジケーターがあれば参考にしてください!

 

逆張りインジケーター①:RSI

逆張りインジケーター①:RSI

→RSIの詳しい使い方やバイナリーオプションの手法についてはこちら

 

逆張りインジケーター②:ストキャスティクス

逆張りインジケーター②:ストキャスティクス

→ストキャスティクスの詳しい使い方やバイナリーオプションの手法はこちら

 

逆張りインジケーター③:CCI

逆張りインジケーター③:CCI

→CCIの詳しい使い方やバイナリーオプションの手法はこちら

 

逆張りインジケーター④:エンベロープ

逆張りインジケーター④:エンベロープ

→エンベロープの詳しい使い方やバイナリーオプションの手法はこちら

 

バイナリーオプションで逆張り手法を使ってみよう!

今回は、バイナリーオプションの逆張りを行ううえで、必要な基礎知識についてご紹介いたしました!

 

バイナリーオプション逆張りを攻略するためには、逆張りに適した相場環境や時間帯、テクニカル分析の要素をそろえることが重要です。

 

その要素が1つでもかけてしまうと、負けてしまう可能性が高くなります!

 

ですので、今回の記事を読んで「逆張りとはどのような手法なのか」について理解ですることで、結果的に勝率アップできます!

 

しっかりと今回の内容を相場に当てはめて、トレードしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サインツール無料プレゼント

2019-10-12

バイナリーオプションサインツール無料プレゼント

当サイト管理人の加藤エルプロフィール

加藤エル
 

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日。

 

藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、何度も詐欺や配信グループなどで失敗しながらも、6ヶ月後にはまさかの月収60万超え。

 

→加藤エルってどんな人?詳しくはコチラをクリック!

質問や相談をしてみませんか?

バイナリーオプションのことなら無料で質問や相談が可能!

バイナリーオプションのアドバイスは下記のLINE@から!

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。