順張りするなら忘れちゃいけない手法!バイナリーオプション

どうも加藤エルです。
今回は前回同様に順張りの手法についてお話します。

 

これを覚えておけば、
順張りが手に取るように理解できると思います。

 

さてその手法は何でしょうか?
答えは「グランビルの法則」になります。

 

 

グランビルの法則はご存じでしょうか?
知っている人は少ないかなと思います。

 

今回はその順張り手法「グランビルの法則」について
お話していこうと思います。

 

グランビルとは移動平均線を用いた法則です。
8つの売買シグナル」からなる法則で、
値動きの癖を端的に表現しています。

 

順張り手法の基本となるグランビルの法則
グランビルの法則の基本は、ます「8つの売買シグナル」を確認します。
実際に、この法則だけでエントリーをするのは少々リスクが高いですが、
順張りの考え方のベースとなりますのでぜひ覚えてください。

グランビルの法則:4つの買いシグナル

上の画像は移動平均線と値動きの関係を表した画像になります。

 

オレンジ色で書かれている4つのポイントが、
グランビルの法則の買いシグナルになります。

グランビルの法則:4つの売りシグナル

上の画像は先ほど同じになります。

 

青色で書かれている4つのポイントが、
グランビルの法則の売りシグナルになります。

 

このようにグランビルの法則は、
買いと売りのそれぞれ4つずつ計8つの売買シグナルで
成り立っています。

順張りを極める為のグランビルの法則

では実際にどのようなポイントが、
エントリーポイントになり得るのかを説明していきます。

 

今回使用しているインジケーターは、
移動平均線20になります。

 

他のサイトでは期間25を使用していますが、
加藤エルは期間20を使用しています。

 

それでは早速見ていきましょう。

グランビルの法則その1 ゴールデンクロスの買い

ゴールデンクロスを聞いたことない方は少ないくらい、
ポピュラーで根拠となる買いシグナルになります。

 

本来は短期の移動平均線が、中長期移動平均線を
下から上へと突き抜けることを言います。

 

今回のグランビルの法則では、
表示している移動平均線20をローソク足が
下から上へと突き抜けることを表します。

 

もちろん移動平均線を複数表示させて、
本来のゴールデンクロスを根拠としても問題ありません。

 

ここで使用するゴールデンクロスは、
移動平均線をローソク足が突き抜けることとして進めていきます。

 

前置きが長すぎたので説明に入ります。

上の画像をご覧ください。
「①買い」と書かれているポイントになります。

 

ローソク足が移動平均線20を下から上へと突き抜けているポイントが、
ゴールデンクロスになります。

 

ここで注意する点としましては、
移動平均線が上を向いているかです。

 

移動平均線20が上を向いているということは、
相場が上昇トレンドに入り始めたことを意味します。

 

要するに、20日移動平均線が上を向いている状態で
ゴールデンクロスが起こったポイントが、①買いシグナルとなります。

グランビルの法則その2 押し目買い1

上の画像でいうと「②買い」がポイントになります。

 

後ほどご説明いたしますが、
グランビルの法則では本来移動平均線を下へ抜けると、
売りシグナルとしてとらえます。

 

しかし、実際には下に抜けた後に反転したポイントが、
押し目買いのシグナルになります。

 

上昇トレンド時に、より安い価格で買うことがメリットになります。
しかし、デメリットとしましては相場が反転する可能性がある
ということです。

 

しっかりと安値の切り上げなどを確認することで、
よりリスクを抑えられたエントリーができます。

グランビルの法則その3 押し目買い2

上の画像で言うと「③買い」のポイントになります。

 

上昇トレンドで相場が上昇していても、
ずっと上に上がり続けていくわけではありません。

 

利益確定などの売りが出るため、
一時的な相場の下落と再度トレンドに戻ることを繰り返しながら、
相場は上昇していきます。

 

グランビルの法則の「③買い」のポイントは、
一時的に相場は下がっていますが、
移動平均線20を割り込んでいないことが確認できます。

 

また、移動平均線20がまだ上向きのままですので、
上昇トレンド中に発生した押し目買いとなります。

 

こちらは綺麗な押し目買いのポイントになりますので、
必ず覚えておいてください。

グランビルの法則 リバウンド

上の画像でいうと「④買い」のポイントになります。

 

このポイントはリバウンドを狙って
買いをいれるポイントです。

 

このポイントは逆張りになるので、
グランビルの法則の1つとして覚えていただけたらと思います。

 

相場は、移動平均線に対して戻ってくる傾向があります。
ですので、離れれば離れるほど戻ってこようとする力が大きくなります。

 

ここで注意が必要なのは、
「どこで買いをいれるのか」という点です。

 

例えば、「④買い」のポイントで買いをいれても、
そのまま価格が下がり続ける可能性があるからです。

 

ですので、水平線やRSI、他の移動平均線などの
別のテクニカル要素が必要になってきます。

順張りするなら忘れちゃいけない手法!まとめ

グランビルの法則についてご説明しましたが、
記事が長くなってしまったので「4つの売りサイン」については
また後日にご説明しようと思います。

 

今回は「4つの買いサイン」についてお話してきました。

  • ゴールデンクロス
  • 押し目買い1
  • 押し目買い2
  • リバウンド

いずれも順張りの基本となる法則ですので、
しっかりと覚えて自分の手法やロジックに生かしてください。

30 Second Binary options

関連記事

バイナリーツール無料プレゼント

2017-12-19

バイナリーツール無料プレゼント

プロフィール

sample_001

名前:加藤エル

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日、藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、6ヶ月後にはまさかの月収50万超え。現在は借金を全て返済し様々な媒体でお得な情報を発信しています。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。