予測次第でこんなに違う!バイナリーオプション攻略への近道

どうも加藤エルです。

 

バイナリーオプションを攻略するために
皆さん日々切磋琢磨して取引をしていると思います。

 

そして、様々な予測の元
次の値動きを考えてえHighなのかLowなのかを
判断されていると思います。

 

次の値動きを当てるには、
やはり予測を立てるということは必須になります。

その予測の立て方次第で、
勝率はまったく違ってくるということです。

 

今回は、予測の立て方と
いつもとは違う見方での予測の立て方について
ご説明していこうと思います。

 

予測するということ

バイナリーオプションで取引をするうえで、
次の値動きを当てなければ勝てません。

 

そのためには、
「現在の相場の方向性はどうか」
「トレンド相場なのかレンジ相場なのか」
というように相場環境に合わせた予測が必要になります。

 

もちろん、バイナリーオプションをいち早く攻略したい
と考えている方も多いです。

 

ですが、予測なくしてバイナリーオプションの攻略は
不可能といってもいいでしょう。

 

つまり、予測をすることはバイナリーオプション攻略の
近道といっても過言ではありません。

 

相場環境に合わせた予測を立てることで、
今の勝率をグンと上げることも可能です。

予測の仕方をマスターして、
勝てるトレーダーになりましょう。

 

予測の立て方と相場へのアプローチ

では実際にどのように予測を立てていくのか、
予測を立てた後の相場へのアプローチ方法について
詳しくご説明していこうと思います。

 

正しく予測を立てることで、
勝率アップを目指していきましょう。

 

予測の立て方いろいろ

まずは相場の状況を判断して
HighかLowかの予測を立てましょう。

 

予測の立て方はいくつかありますが、
今回は代表的なものを紹介します。

 

予測の立て方は以下のとおりです。

  • インジケーターによる反応
  • ラインによる抵抗
  • 法則やパターンによる予測
  • 通貨ペアの相関性

いずれもテクニカル分析による予測の立て方です。

インジケーターによる予測の立て方は主に、
移動平均線やボリンジャーバンドなどで、
値幅変動の有無を確認します。

値幅変動があればトレンド相場と判断でき、
上昇トレンドならばHighエントリー
下降トレンドならばLowエントリーというように
予測がたてられます。

 

逆に、上の画僧のように値幅変動がなければ、
レンジ相場と判断できるため、
天井に達したときにLowエントリー
底に達したときにHighエントリーという
予測が建てられます。

 

ラインによる抵抗の予測の立て方は、
インジケーターによるものと違い
エントリーポイントを決定するときに使います。

ラインの種類もいくつかありますが、
代表的なもので言うとレジスタンスライン・サポートライン
になります。

 

これらのラインは、相場を上下から支えるラインで、

  • レジスタンスライン・・・上から支えるライン
  • サポートライン・・・下から支えるライン

といいます。

これはレンジ相場の天井圏、底地圏を判断するために使用します。

 

のこち2つはここでは説明しきれないので、
別の記事でご紹介いたします。

 

初心者はまずローソク足から覚えろ!ローソク足のパターン分析

 

違う見方で予測をたてよう

今までは1つの時間足で相場を判断し、
予測を立ててきました。

 

ですが、違った見方をすることで
相場の理解が深まり、予測の精度が上がります。

 

では違う見方とはどんな見方なのでしょうか?

 

答えは複数の時間足から相場を見ることです。

 

5分足でエントリーポイントを探すなら
最低でも1時間足で大きな流れをつかむということです。

 

複数の時間足を見ることがなぜいいかといいますと、
相場が強気相場なのか弱気相場なのかがわかるからです。

 

例えば、1時間足をみたら弱気相場なのに、
5分足では上昇トレンドであった場合、
全体の流れは弱気なのでHighエントリーをしても
逆行してしまう可能性が高くなります。

 

5分足だけみてたら、
負けてしまう可能性が少しばかり高くなる
ということです。

 

レンジ相場でも同じです。

5分足ではレンジ相場なのに、
1時間足では上昇のトレンドが出ていてる場合、
1時間足では調整の段階でもみ合ってるため
いつ大きく抜けてもおかしくありません。

 

つまり、全体的には強気相場のため、
5分足で天井に達していても
ダマしにあい、負けてしまう可能性が高くなるということです。

 

このように、違った見方で考え予測を立てることで、
負けを減らし、勝率アップにつながるということです。

まとめ

今回は予測の立て方について
ご説明しました。

 

予測の立て方は4種類

  • インジケーターによる反応
  • ラインによる抵抗
  • 法則やパターンによる予測
  • 通貨ペアの相関性

この4つを意識して予測を立てることで、
インジケーターのみでの予測よりも
勝率は高くなります。

 

また複数の時間足をみることで、
相場全体の流れを見ることができ、
負けを減らすということもできます。

 

このようにして勝率アップを目指していきましょう!

加藤エル監修サインツール無料プレゼント企画

今回も「加藤エル監修サインツール無料プレゼント」を
20名限定で実施いたします!

 

受け取り方は簡単3ステップ
①下記のボタンからLINE@を追加

②アンケートに回答

③ツールの説明を受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バイナリーサインツール無料プレゼント

2018-12-7

バイナリーツール無料プレゼント

このサイトの閲覧数

  • 100,327 アクセス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。