ここまでできればあと一歩!バイナリーの勝ちやすい時間帯とは?

どうも加藤エルです。
最近勝ちやすい時間帯を聞かれることが多いので、
今回は時間帯についてお話ししようと思います。

これをまなぶことで、取引方法の確立や、
勝率が低い時間帯なども分析できるので是非覚えて行ってください。

世界の市場のオープン時間

世界の市場が開くときは、市場参加者が一気に入るときです。
市場参加者が入るということは、
売り買いがされるときなので、値動きが出やすくなります。

上の画像を見てください。
こちらは世界の各市場のオープン時間です。

最も市場が早く開くのがニュージーランドのウェリントン市場です。
その後、オーストラリアのシドニー市場→日本の東京市場→アジアの香港市場、
シンガポール市場、バーレーン市場→ヨーロッパのフランクフルト、チューリッヒ、パリ、ロンドン→アメリカのニューヨーク市場がオープンしていきます。

ニューヨーク市場が閉まる時間が、その日のマーケットクローズとなります。
また、ニューヨークが閉まるとすぐにシドニーが開きます。

為替相場の取引時間帯

それぞれの市場のオープン時間とクローズ時間は、以下のようになっています。

4月頃から10月頃まではサマータイムが導入されることで、
東京、香港、シンガポール以外の市場では、
オープンとクローズが1時間早くなります。

各国の市場の特徴

各国の市場が開いている時間帯には、
それぞれ特徴があります。

シドニーの市場が開いているときの特徴

日本で早朝の時間にあたるのがシドニー時間です。
シドニー時間は参加者が少ないため乱高下することも多いです。
前日のアメリカの市場の様子や、アメリカ市場が閉まった後に出てきた情報などを元に動きます。

月曜日や祝日開けのシドニー市場は大きく上げて(大きく下げて)始まることも多いです

東京の市場が開いているときの特徴

東京の子女が開いているときは、
比較的穏やかな動きになることが多いです。

欧米のトレーダーはほとんどいませんので、
日本のトレーダーが主な参加者になります。
ただ、日本で大きなニュースがあると為替市場も反応することもあるので注意が必要です。

欧州市場が開いているときの特徴

日本で夕方の時間にあたるのが欧州時間です。
欧州時間は比較的為替市場が動きます。

バイナリーで順張りをやられる方は、
欧州時間やアメリカ時間に取引するのが良いと思います。

アメリカの市場が開いているときの特徴

日本で夜間~深夜の時間にあたるのがアメリカ時間です。
アメリカ時間は最も良く市場が動きます。
特に20~2時頃は欧州とアメリカの両方のトレーダーが参加しますので、取引も活発に行われています。

アメリカ時間は経済指標で為替が上下しますので、
重要な指標がある時は発表前後の取引に注意しましょう。

関連記事

ピックアップ記事

2017-12-19

バイナリーツール無料プレゼント

プロフィール

sample_001

名前:加藤エル

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日、藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、6ヶ月後にはまさかの月収50万超え。現在は借金を全て返済し様々な媒体でお得な情報を発信しています。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。