テクニカル分析の極意!バイナリーオプションで勝率80%以上をキープする方法

どうも加藤エルです。

 

前回ファンダメンタル分析について解説しました。
まだ読んでいない方は下記のリンクから記事へ飛べます。

バイナリーオプションにファンダメンタル分析は必要なのか?分析の仕方は?

 

今回はバイナリーオプションの分析の要となる
テクニカル分析について解説いたします。

 

この加藤エルサイトではたくさんの
手法や攻略法、インジケーターの使い方など
テクニカル分析について載せています。

 

今回は、そのようなテクニカル分析を
より精度を高め安定した勝率を出すためにはどうすればいいか
について焦点を絞って解説いたします。

 

ぜひ今回の記事を読んで、
テクニカル分析の精度を高めてください。

 

では本文へ参ります。

テクニカル分析の極意

テクニカル分析の極意として、
まず初めに確認しておかなければならいことは
テクニカル分析とは何かということです。

 

これがわからないと、
勝率が安定しなかったり、
予想外の動きに対応できなかったりします。

 

ここではテクニカル分析とは何なのか
についてご説明いたします。

 

知っているようで知らないテクニカル分析

では、テクニカル分析とは何なのか。

 

インジケーターやローソク足、ラインなどを使用し
相場を分析することがテクニカル分析だと知っている方は
多少なりともいると思います。

 

この考え方は正解ですが、
本質を捉えられていません。

 

ここで大事なのは、
「テクニカル指標でなぜ分析できるのか」です。

 

そもそも相場を動かしているのは
機械やコンピューターではなく人です。

 

投資家がテクニカル指標や経済的要因から
各国の通貨を売り買いすることで
相場が動きます。

 

つまり、テクニカル指標は投資家の心理を
視覚化したものになります。

 

ということは、テクニカ分析は
投資家心理を表したテクニカル指標に基づいて
分析し取引を行うこととなります。

 

テクニカル分析は、ただテクニカル指標を使う分析
と認識されている方は投資家の心理まで考えられないため
どれだけ取引のルールに当てはまっていても
逆方向に動いてしまいます。

 

そこで、投資家心理を理解する上で大事なことは、
相場全体の流れを確認し、どこに相場を上げたい人、
下げたい人がいるのかを見つけることで分析がよりうまくなります。

 

やり方は簡単です。
長期足からどんどん短期足へと順番に
確認していきます。

 

最初は慣れないと思いますが、
テクニカル分析をするうえでは
とても大切なのでぜひ実践していきましょう。

 

テクニカル分析の仕方

ここでは簡単にテクニカル分析の仕方
について解説していきます。

 

詳しい手法などはリンクを記載しておきますので
ぜひそちらも併せてご覧ください。

 

インジケーターで分析

ここではほとんどのトレーダーが使用する
ボリンジャーバンドでの分析の仕方について
簡単にご説明します。

 

ボリンジャーバンドで分析する場合に
確認すべき点は以下です。

・真ん中の移動平均線
・バンド±1、±2、±3

 

まず移動平均線がどの方向を向いているかで、
相場が強気相場なのか弱気相場なのかを
判断できます。

 

相場の方向性がわかったら
次はバンドの開きです。

 

バンドの開きの大きさで、
相場の勢いがその方向にあるかないかを
判断できます。

 

最後にバンドに向かっていくローソク足です。
バンドは1~3に向かうにつれて
バンド内に収まる確率が上がってきます。

 

±3σに到達したら戻ってくる可能性があるのではないか?
という判断ができるため、エントリーする方向が決定します。

 

このようにテクニカル指標1つとっても
見方はたくさんあるので、ぜひ今回紹介したボリンジャーバンドを
使ってみてはいかがでしょうか?

また、ボリンジャーバンドについてもっと知りたい方は
下記のリンクからご覧ください。
【バイナリーオプション攻略】ボリンジャーバンドを使った必勝法!

 

ラインを引いて分析

次にラインなどを引いて分析するやり方です。

 

ラインは主に、
・レジスタンス、サポートライン
・トレンドライン
が使われます。

 

フィボナッチやチャネルラインなどもありますが、
今回はこの二つだけで問題ありません。

 

レジスタンスラインとサポートラインは支持線とも呼ばれ
相場を支える線になります。

 

上から支える線がレジスタンスライン
下から支える線がサポートラインです。

 

相場が横ばいになあっている場合は
天井と底になりやすく、
どちらかに到達したときに逆方向へエントリー
という一つの基準になります。

 

また、ラインを突き抜けるブレイクアウトを確認できれば
突き抜けた方向へ勢いがつきやすくなります。

 

このようにラインを使うことで、
テクニカル分析の補助や
エントリーのサインを見極めることが可能です。

 

トレンドラインは、トレンド時に引く線です。
上昇トレンドは安値同士を結び、
下降トレンドは高値同士を結びます。

 

上昇トレンドは安値を切り上げて上がっていくため、
トレンドラインが意識されやすくなります。

 

そこで押し目買いに乗っかる形で、
トレンドライン到達時にトレンド方向へ
エントリーという判断ができます。

 

下降トレンド時の判断は、
上昇トレンド時の逆です。

 

上記で説明したものは
ライントレードと呼ばれています。

 

ラインを1つのエントリーサインと捉えて
取引する手法です。

 

ライントレードを学びたい方は下記のリンクからご覧ください。
ライントレードとは?ラインの5つのポイント

 

テクニカル分析の精度を高める方法

最後にテクニカル分析の精度の高め方
についてご説明します。

 

テクニカル分析の精度を高める方法は
根拠をいくつも加味することです。

 

インジケーターしか使わずに分析している方はラインを、
ラインだけの方はインジケーターを使用することで
根拠がより強いものとなり分析の精度を
高めてくれます。

 

バイナリーオプションは未来を予測するものであるため、
予測するためにはやはり根拠をいくつも持つことが大切です。

 

初心者の方は、インジケーターを4つまで表示し
レンジ相場では支持線、トレン相場ではトレンドラインを
使用してテクニカル分析に慣れていきましょう。

 

経験者の方は相性のいいインジケーターの組み合わせや
長期足で流れをつかむことを意識することで
今よりも勝率が安定します。

 

ぜひこれらを心がけてください。

まとめ

今回はテクニカル分析の精度の高め方
についてご紹介させていただきました。

 

まず、テクニカル分析の基礎は
・長期足から順番に短期足を確認
・テクニカル指標を用いて分析
・ラインを使って分析
です。

 

これらを実践していき、精度を高めるには
やはり経験を積むことは欠かせません。

 

日々これらを意識し、取引を続けていくことで
今より相場に対する見方が全く違うものとなります。

 

ぜひ今回のテクニカル分析の仕方について
頭に入れて日々のトレードに役立ててください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バイナリーサインツール無料プレゼント

2018-12-7

バイナリーツール無料プレゼント

このサイトの閲覧数

  • 100,344 アクセス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。