バイナリーオプション 初心者のための業者選び

2011年ごろから現在にかけて日本国内でも
バイナリーオプションの利用者が増え続けています。

市場規模をどんどんと拡大している人気の投資となっているわけですが、
国内、海外を含める数多くの業者が存在するため
利用者も「どの業者を選べばいいのか?」とたくさんの方からお聞きします。

そこでまず国内・海外の違いは何か、
それぞれのメリット・デメリットは何かを紹介します。

少しでも業者選びの参考にご利用下さい。

国内業者と海外業者の特徴

バイナリーオプションは国内業者と海外業者で、取引方法が違っています

まず1つ目が口座開設にかかる時間です。
実は国内の場合は口座開設をする際に簡単なテストが実地されます。
このテストに合格しないと口座を開設できません。
また、口座開設に一週間かかる場合もあります。

一方で海外業者はメールアドレスや個人情報を登録し、
本人確認書類をメールで送るだけで口座開設ができます。
また、最短で即日に口座開設ができるので
国内業者と比べて手軽に始められます。

2つ目が一回の取引にかかる時間です。
ここが国内業者と海外業者の最大の違いだと思います。

国内業者だと金融庁の規制の影響で
為替の短期取引が禁止されています。
そのため最低でも2時間以上の取引期間が必要になってきます。

一方、海外業者は最短で30秒や1分で取引結果がわかるので
相場の値動きを予想しやすいという点も海外業者の特徴です。

また、取引時間可能時間も
国内業者は国内の市場が開いている時間にしか取引できないのに対して
海外業者は基本的に24時間取引が可能です。

国内業者と海外業者の特徴まとめ

今紹介した以外の特徴を簡単にまとめましたので
是非参考にしてください。

国内業者の特徴

  • 口座開設するためにテストを受けなければならない。
  • 判定時刻は2時間置きと定められている。
  • 金額が変動するチケットを購入する仕組みになっている。
  • オプションを購入する上限金額が低めに設定されている。
  • 海外業者と比較してローリスクローリターンに設定されている

海外業者の特徴

  • 身分証明書があれば誰でも作れる。
  • 1分、5分の短時間の判定時刻バイナリーオプションが購入できる。
  • オプションを購入する上限金額が高めに設定されている。
  • 入金時にボーナスを付けてくれる業者もある。
  • ペイアウト倍率を選択出来る取引方法もある。

以上が国内業者と海外業者の特徴でした。

では次に国内業者と海外業者の
メリット・デメリットを見ていきましょう。

国内業者のメリット・デメリット

国内業者は金融庁指定の元、
標章登録を持っている為に安心して利用が出来ます。

信用を金融庁から得ている為に健全な運営が行われていますが、
2013年11月に金融庁からの通達で規制がかかって以来、
以前のような二者択一の簡単取引が行えなくなりました。

また、口座開設時に多くの個人情報を必要とする為に
手間・時間がかかる点は避けられず、
申し込み時から2日~7日程度掛かかります。

良い点としては国内で運営を行っている為、
銀行振り込みによる入金や出金の反映する速度が速いという点。

また、信託保全が整っているため
万が一バイナリーオプション取引を提供する業者が倒産することになっても
預託金は保障されています。

入出金を行う際の手数料も海外業者に比べて大変安いために
スムーズに取引が行えることが多いですが、
「借金してまで投資をしてはいけない」という概念から
海外ではクレジットカードでの入金が出きるのに対し
国内業者はクレジットカードの利用ができません。

国内業者のメリット

  • 全ての国内業者が金融庁登録業者で信託保全が整っている。
  • 国内送金という事もあり、出金対応が早い。
  • 基本的にバイナリー単体での運営を行っていないため、FXと併用して取引できる。
  • 全ての業者において転売が可能なため、投資金全額損失というリスクを避けることができる。

国内業者のデメリット

  • 基本的に入金は銀行送金のみで、クレジットカード等の入金方法が利用不可。
  • 1回の取引は2時間以上と決められており、利益率が低い。
  • 通貨ペア、取引ルールが少なく、取引の自由度が低い。
  • 二者択一の取引ではないため、投資未経験者が利益を得るには難易度が高い。
  • 口座開設に時間がかかり、投資に対する知識の有無と問う”知識確認テスト”が導入されている。(※知識認識テストは1日に1回受けることができ、合格すれば口座開設が可能となります。)

海外業者のメリット・デメリット

海外業者は海外に営業所を構えているので
国内の金融庁の認可を受けていない業者が多く、
国内業者と比べて信用度が低い現状があります。

ただし、日本国内の認可を受けていないだけであり、
所在国金融庁の認可を受けている業者も多いため
全ての海外業者が安心して使えない業者という事ではありません。

一方、リスクが高いように見える海外業者にも
大きなメリットがあります。
それは日本国内の規制内容が適応されない点です。

多くのオプション取引やキャンペーンサービス等が豊富で、
国内だと口座開設時に必要とされる、
投資初心者には壁となるテストが
海外業者には存在しません。

また、国内では規制により禁止となった
二者択一のハイアンドロー取引をはじめとした、
1分間と言う短い時間で取引を行う60セカンドなどを取り扱っており、
為替の状況に応じた取引ルールを利用することで
大きな配当を狙うことが出来るようになりました。

現在ではより短い時間での取引を可能として
15秒取引がある海外業者もあるくらいです。

短い時間で取引を行うことができるため、
国内業者より利益率が非常に高く、
投資未経験の方でも二者択一のため簡単にはじめられる
という点が海外業者の最大のメリットとなります。

海外の業者というだけで懸念する方も多いですが、
日本語対応の業者も年々増えてきているため、
上手く利用すれば国内業者を利用するよりも
効率よく稼ぐことも可能になるという魅力を秘めています。

海外業者のメリット

  • 1分や30秒と言った短時間の取引が可能で利益率が高い。
  • 基本的に二者択一の選択式投資なので未経験者でも気軽に始めることができる。
  • 口座開設時間が平均約5分。
  • クレジットカード決済対応。
  • 国内業者にはないサービス、キャンペーン等が豊富。

海外業者のデメリット

  • 金融庁の認可を受けていない業者が殆どで、基本的に信託保全がない。
  • 一部悪質な業者が存在し、トラブルに陥る可能性がある。
  • 出金申請後、着金まで時間がかかる場合がある。

バイナリーオプションは業者選びから始まっている

バイナリーオプション業者は
国内業者であれば8社しかありませんが、
海外業者は小規模業者も数えると把握出来ない程存在します。

しかし、勝ち組バイナリーオプショントレーダーの
ほとんどが海外業者を利用しています。

業者選びで失敗しないコツ

人それぞれ合う業者と合わない業者は存在するはずです。
自分が取引をする上で絶対に譲れない部分を予め決めておき、
最低限その条件を満たす業者を利用する事を念頭におきましょう。

その上で自分が大事だと思う部分では
絶対に妥協をせずに業者を選びましょう。

業者選びから投資は始まっています。
メリットとデメリットをしっかりと見極めた上で
自分が譲れない部分を満たす業者を選ぶ事が
失敗しないコツではないかと考えます。

出金ができるというのはあくまで前提ですが、
心配な方は利用規約などをしっかりと見て自分でも見極める事が大事です。

業者を選ぶポイント

国内外含めると多くのバイナリーオプション業者が存在しますが、
その中から利用していく業者を選ばなければなりません。
投資を始めたばかりのトレーダーの方には
自身の投資スタンスなどは分かりませんから、
すぐに口座が開設できる海外から利用してみるのも
業者選びの考え方のひとつです。

また、高いペイアウト率に、
サポート体制や出金面など選ぶポイントは多くあります。

ここで自分が取引に何を求めているのかを
しっかりと考えてみましょう。

デメリットはどんな業者にもあります。
それならば、ある程度デメリットに妥協した上で、
メリットが多い業者を選ぶという事も考えられるのです。
何を大事にするのかをしっかりと考えてみてください。

また、取引画面なども業者によって異なるので
まずは色々と利用してみて自分のスタンス・やりたいことを
徐々に見つけていくことをオススメします。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。