バイナリーオプションとは?初心者の「気になる」を徹底解説

バイナリーオプションとはどのような投資方法なのか?

【初心者のためのバイナリーオプション】いまさら聞けないバイナリーオプションの仕組みとは?

バイナリーオプションは、今まで投資をした事がない人でも簡単に参加出来る
投資の入り口と言われています。
 
ではバイナリーオプションはどういうものなのか?
 
簡単に言うと、2択を予測して価格が高くなるか安くなるかを
選ぶ投資取引になります。
 
ドル円の通貨ペアを例に挙げると、
現在の価格が1ドル100円だとします。
 
5分後にドルの値段が1ドル100円より高くなると予想した場合は
High(高い)を選びます。
 
逆に、1ドル100円より安くなると予想した場合は
Low(低い)を選びます。
 
この2択を予測して選択するだけで、取引が可能になります。
 
バイナリーオプションはとても簡単なので、
投資初心者でも簡単に取引が出来るようになります。
 

初心者が参入しやすい理由

バイナリーオプションは他の投資(株、FX、先物取引)などと比べると、
資金量はかなり少なくても参入可能になります。
 
また、資金量だけでなくトレードの単純さも理由の一つです。
バイナリーオプションは良くも悪くも1分や5分で取引が終了する為、
FXにおける損切りというものが無く、
トレードの勉強も少なくて済むということです。
 
したがってバイナリーオプションは投資初心者が参入しやすい投資になっています。
 

判定時間を自分で選べる投資方法

バイナリーオプションの海外の業者が主流になるのですが、
海外バイナリーオプションの取引方法は判定時間を
数種類の中から選択できる仕組みになっています。
 
各業者によって選べる時間は若干違うのですが、
1分、3分、5分、15分、1時間、1日と、判定時間を自分で選ぶ事が出来るので
その人の手法や、その時のトレンドによって効率の良い取引が可能になります。

 

デモトレードで感覚が掴める

バイナリーオプションが初心者に支持されている理由の一つに、
デモトレードがあると言うことです。
 
デモトレードでは実際のお金をかけないで練習することができます。
バイナリーオプションを始める際はしっかりとデモで練習してから
実際のお金をかけるようにしてください。

 

バイナリーオプションで利益が出る仕組み

バイナリーオプションにはペイアウト率というものがあります。
バイナリーオプションで利益を出す為には、このペイアウト率を把握する必要があります。

 

ペイアウト率とは

ペイアウト率というのは掛けた金額で勝った場合、
どれくらいの金額で利益として返って来るのかということです。
 
例えばペイアウト2倍の取引を予想する場合、
勝てば賭けた金額の2倍の金額が返ってきます。
逆に負ければ賭けた金額が損失となります。
 
どういうことかと言いますと、
1000円で賭けて値段が上がると予想した場合、
上がると予想して上がった場合ペイアウト率が2倍ですので
2000円で戻ってきますので1000円の利益となります。
逆に値段が下がってしまえば賭けた金額の1000円がなくなってしまいます。

 

 

 

バイナリーオプションのメリットとして、
賭けた金額以上の損失がないという点です。
1000円で賭けた場合1000円がなくなるか

2000円となって返ってくるかのどちらかとなります。
 
ですので資金管理がやりやすいという点でも初心者の方には特にオススメです。

 

ペイアウトの倍率は常に変化している

バイナリーオプションのペイアウト率は常に変化しています。
これは、相場のトレンド(相場の流れが一定方向に偏る現象)が関わってきます。
 
ドル円の相場で例えてみると
アメリカ大統領の経済対策が発表され市場にポジティブに受け止められました。
市場関係者はドルを購入して円を売る流れになりました。
一日通してドルの値段は上昇し続けて、
円の値段は下がり続けている相場になっています。
 
この状態を、ドル高円安のトレンドが発生している状態と言います。
相場がこのような状態の場合、ドル高予測をする事で的中率は高まります。
 
バイナリーオプションのトレーダーは、
ドル円取引でhighを選択する人が80%いました。
判定時刻が来て、結果はトレンドが示すようにドル高のhighになりました。
 
このように、市場によっては予想がしやすい相場がバイナリーオプションには存在します。
 
では予測が簡単だとどうなるのか?
 
バイナリーオプションを購入したトレーダーの過半数が的中した場合、
ペイアウト率が100%だとバイナリーオプション業者の赤字幅が広がり経営破綻をしてしまいます。
 
その為、相場に偏りが発生している場合、
ペイアウト率を調整して業者の取り分を一定の割合になるように調整しています。
 
上記の例で言うと、前日はドル円市場のペイアウト率は80%だったのに、
トレンドが発生した瞬間からペイアウト率が65%に変わった・・・
このような形で調整が入る仕組みになっています。
 

バイナリーオプションはギャンブルなのか?

バイナリーオプション投資取引をした事がない人は、
バイナリーオプションがギャンブルなのではないか?と感じてしまう人もいます。
2択を予想するギャンブルも沢山ありますが、
バイナリーオプションは2択を予測して選択する投資になります。
 
2択を予想=ギャンブル
このように考えてしまっても無理はありません。
しかし、パチンコなどのギャンブルと
バイナリーオプション投資は似ているように見えるかも知れませんが
根本の考え方が全く違いものなのです。
 
ギャンブルとバイナリーオプションを比較する上で重要な事は、
投資期待値です。
 
例えば、宝くじの期待値はどうなっているでしょうか?
まず宝くじの控除率はと言うと、55%が発行元の自治体取り分です。
 
残り45%が、宝くじ購入者の取り分です。
300円のくじだと、145円が投資期待値になります。
(実際には一生を通して高額当選なしの確率大の為、実質期待値は50円くらいと予測)

宝くじの場合、投資手法の介入などは不可能なのでこれが宝くじの期待値そのものです。
 

バイナリーオプションの場合は?

控除率は業者によってその瞬間で変わっているのですが、
優良業者は控除率1%から3%の割合になります。
 
1%で仮定すると、300円で297円の投資期待値と言えます。
これでも宝くじに比べるとましに見えますが、このままでは投資とは言えません。
 
なぜ世界中の人がバイナリーオプショントレードをしているかと言うと、
 
バイナリーオプションなどの投資には、
テクニカル分析ファンダメンタルズ分析などと呼ばれる投資手法が確立されているからです。
 
攻略法とか必勝法などと呼ばれますが、それらの呼び方は大げさとも言えます。
 
100年くらい前からトレードの攻略法はあるわけですが、
普通に書店で購入できるような書籍で勉強すれば身に付く内容になっています。
もちろん資金管理からテクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、メンタルコントロールなど
勉強する種類は沢山ありますが、諦めずに勉強をし続ける事で誰でもマスター出来る内容だと言えます。
 

納税義務がバイナリーオプションにはあります

パチンコや競馬などのギャンブルは本当に特殊な人以外は
利益を継続的に計上出来ないと言う事は税務署も知っています。
しかし、投資は特殊でない人でも勉強を重ねた人なら
誰でも継続的に利益を計上出来ると言うのは常識なのです。
 
その為、バイナリーオプションでもFXでも株式投資でも先物取引投資でも
年間を通して利益が計上出来た場合は納税義務が発生するのです。
 
自営で商売をしていても、
赤字の時には税金は発生しませんが儲けが出ると納税義務が発生します。
その事とバイナリーオプションで利益を出す事は同じなのです。

商売を始めても経営努力をしなければ利益は出ません。
同じように、バイナリーオプションも投資手法を
身に付けなければ利益は出ないと言う事なのです。
 
このように、バイナリーオプションはギャンブルのように見えるかも知れませんが、
実際には自営の商売を始めるような仕組みに近いと言えるのです。
 
これからの時代、2極化は更に進み貧富の差は激しくなる傾向にあります。
投資で利益を継続的に出せるようになる為に
まずはバイナリーオプションを覚える事をお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。