迷ったらまずこの手法を覚えろ!バイナリー酒田五法:前編

今回はローソク足のテクニカル分析で、
覚えていた方が良い「酒田五法」についてご説明します。

酒田五法は、日本の江戸時代の米相場で活躍した
本間宗久によって編み出された相場の分析方法です。

本間宗久は、現在の山形県酒田市周辺の大地主であったことから、
彼のローソク足を使ったチャート分析を酒田五法といいます。

酒田五法は、

  • 三山(さんざん)
  • 三川(さんせん)
  • 三空(さんくう)
  • 三兵(さんぺい)
  • 三法(さんぽう)

という5つのチャートのパターンが基本になっています。
これらの基本パターンは、
チャートのフォーメーション分析や様々な複数足分析の土台になっています。

ですので、これをマスターできれば
これからの相場分析に役立つと思います。

酒田五法については2回に分けてご説明しますので、
是非この機会にしっかりと覚えて取引にご活用ください。

バイナリー必勝法!酒田五法:三山

3回突破できなかった高値は、もう突破はできないだろう、
という予想の元で相場の天井を見極めるパターン分析です。
3つの山の真ん中の山が一番高いパターンを特に三尊(さんぞん)といいます。

3つの山を結んだ線を天井(でんじょう)といい、相場が天井を抜くことはもうないだろう、
という分析から売り(Low)という活用法になります。

三山は、フォーメーション分析のヘッドアンドショルダーズトップであり、トリプルトップということもあります。
ダブルトップは、三山の出現数が少ないことから、2つの山でも天井になる確率は高いという考えであり
広く世界に広まっています。

ですので、上昇相場で3回山があったら天井と予測ができ、
上昇相場で3回天井と思われる値段にコツンコツン当たるようであれば、
上昇の限界(天井)に達したと言うサインになります。
(つまりその後は、下落に転じます)

特に出来高が減少しているようであれば、典型的なパターンです。

バイナリー必勝法!酒田五法:三川

三山の逆で逆三山(ぎゃくさんざん)ともいいます。
3回突破できなかった安値は、もう突破できないだろう、
という推測で相場の底を見極めるパターン分析です。

3つの安値を谷と考え、谷には川が流れていると考えて、三川です。
3つの谷の真ん中の谷が一番低いパターンを特に逆三尊(ぎゃくさんぞん)といいます。

3つの谷を結んだ線を底(そこ)といい、相場の底が抜けることはもうないだろう、
という分析から買い(Hight)という活用法になります。

三川は、フォーメーション分析のヘッドアンドショルダーズトップであり、トリプルボトムということもあります。
ダブルトップは、三川の出現数が少ないことから、2つの谷でも底になる確率は高いという考えであり、
広く世界に広まっています。

下降相場で3回谷があったら底と予測ができ、
下降相場で3回底と思われる値段にコツンコツン当たるようであれば、
下落の限界(底)に達したと言うサインになります。
(つまりその後は、上昇に転じます)

特に出来高が上昇しているようであれば、
こちらも典型的なパターンになります。

まとめ

バイナリーオプションにおいて、
相場のパターンを見極めることはとても大切です。

今回ご紹介した「酒田五法」のうち2つの手法

  • 三山・・・3回突破できなかった高値から相場の天井を見極めるパターン分析
  • 三川・・・3回突破できなかった安値から相場の底を見極めるパターン分析

こちらをしっかりと覚えて、
これからのバイナリーオプションの相場分析にお役立てください。

残りの3つの手法

  • 三空(さんくう)
  • 三兵(さんぺい)
  • 三法(さんぽう)

についてはまた次回ご紹介いたしますので、
お見逃しのないようよろしくお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。