バイナリーオプションの攻略はプライスアクションを覚えるだけ!【基礎編】

どうも加藤エルです。
今回はローソク足のプライスアクションについてご説明します。

 

相場には値動きを知らせるサインのような
ローソク足の動きがしばしばみられます。

 

それのサインのようなものが
プライスアクションです。

 

プライスアクションは世界基準の
ローソク足による分析手法です。

 

プライスアクションにはそれぞれ、

    • レジスタンス、サポートエリアを知らせるプライスアクション
    • トレンドの発生、継続を確認するプライスアクション
    • 一時的な値動きの停滞をしめすプライスアクション
    • トレンド時の反転時に出現するプライスアクション

があります。

 

今回は、相場分析に欠かせない
プライスアクションについてご説明します。

 

プライスアクションとは?

プライスアクションは値動きだと
冒頭で述べましたが、さらに詳しくご説明します。

 

プライスアクションは、値動きという意味の通り
価格の変動に注目する手法です。

 

ローソク足1本から注目し、
連続した複数本のパターンから
エントリー基準を定めるやり方です、

 

押し目買い戻り売りのポイントを狙ったり、
トレンド転換を予測する上で重要な
エントリーサインの一種です。

 

プライスアクションには値動きを表す
いくかのパターンがありますので、
しっかりと覚えてください。

 

プライスアクションが相場分析に必要な理由

プライスアクションがなぜ相場分析に必要なのか?

 

なぜなら、プライスアクションは世界中のトレーダーが
注目しているからです。

 

ではなぜ、世界中のトレーダーが
プライスアクションに注目するのでしょうか?

 

プライスアクションが注目される理由を
3つご説明します。

 

ローソク足の分析は世界共通

相場分析において、
皆さんが必ず注目するのが値動きです。

 

その値動きを見やすく視覚化したものが、
ローソク足」になります。

 

ローソク足1本の中に、
始値・終値・高値・安値の
一定期間の値動きが表されています。

 

世界中のトレーダーがこのローソク足の
「値動き」を見て取引をしています。

 

つまり、ローソク足に含まれる
始値・終値・高値・安値の4つの価格を
世界中のトレーダーが注目しているため、
プライスアクションが相場にとって必要なのです。

 

相場が動く要因

相場が動く要因として3つの要因があります。
それが「価格」「時間」「市場心理」です。

 

数時間後や、数日後の価格は
時間によって変動していきます。

 

バイナリーオプションなどを始めたての方は
相場は価格だけで構成されていると
考えてる方が多いと思います。

 

ですが、移動平均線やボリンジャーバンドなどの
テクニカル指標は、時間によって構成されています。

 

つまり、相場を動かす要因には価格だけでなく
時間も関係してきます。

 

さらに、忘れてならないのが「市場心理」です。

 

いっけん、難しそうに聞こえるかもしれませんが、
覚えてしまえば簡単です。

 

市場心理とは、わかりやすく言いかえると、
市場の焦りや、不安、欲です。

 

この、焦りや不安、欲がわかってしまえば
相場が手に取るようにわかります。

 

そこで活躍するのが、ローソク足のプライスアクションです。

 

エントリーサインが最速

ローソク足のプライスアクションパターンは
テクニカル指標よりも早くエントリーサインを示してくれます。

 

特に、エントリーポイントの決定では
プライスアクションが最も正確で速いです。

 

イメージとしましては、インジケーターなどのテクニカル指標で
方向性を確認し、どこでエントリーするかの基準を
プライスアクションで行うといった形になります。

 

プライスアクションを覚える前にローソク足を知ろう

ローソク足のプライスアクションについて
ご説明していく前に、おさえるべきことがあります。

 

それは、「ローソク足の基本法則」です。

 

どんな勉強でも、まず基本からというように、
ローソク足のプライスアクションを覚えるためには
ローソク足の基本原則について簡単にご説明します。

 

ローソク足の基本法則1

ローソク足はサポートエリアとなる、
価格水準で、下降していた相場の値動きが
止まったり反発したりし、値下がりを下から支えるように
価格が推移していきます。

 

サポートエリアは、サポートラインによって
下から何度も支えられているエリアになります。

 

ローソク足の基本法則2

ローソク足はレジスタンスエリアとなる
価格水準で、上昇していた相場の値動きが
止まったり反発したりし、値上がりを上から
押さえつけるように価格が推移していきます。

 

レジスタンスエリアは、レジスタンスラインによって
上から何度も押さえつけられているエリアになります。

 

ローソク足の基本法則3

サポートエリアを下抜けると、
サポートエリアだった価格水準が
レジスタンスエリアに変わります。

 

また同様に、レジスタンスエリアを上抜けると
レジスタンスエリアだった価格水準が
サポートエリアに変わります。

 

ローソク足の基本法則4

何度もサポートエリアやレジスタンスエリアの
ブレイクが失敗すると、価格に対する抵抗が強くなっていきます。

 

これがいわゆるレンジ相場です。

 

まとめ

今回の記事ではプライスアクションの基礎編ということで、
プライスアクションとは何かについてご説明しました。

 

プライスアクションとは世界共通で
値動きに注目した手法になります。

 

次回は「実践編」として、
実際のローソク足のプライスアクションの
パターンについて解説いたします。

 

ぜひ次回の記事を楽しみにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バイナリーサインツール無料プレゼント

2018-12-7

バイナリーツール無料プレゼント

このサイトの閲覧数

  • 100,349 アクセス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。