【第3回】加藤エルおすすめインジケーター

今回で第3回となった加藤エルおすすめインジケーター。

今回は逆張りといえば最初に頭に浮かぶ
「ストキャスティクス」について、ご説明いたします。

設定の仕方から使い方まで
これからの取引のご参考になればと思います。

ストキャスティクスの設定方法

まず左上のインジケーターリストを開きます。
インジケーターリストの下のオシレーターを表示させます。

オシレーターを開くとたくさんインジケーターリストの中に、
「Stochastic Oscillator」というものがあるので見つけたらクリックしてください。

クリックすると、上のような設定画面が出てきますが、
初期設定値で大丈夫です。

  • %K期間・・・9
  • %D期間・・・3
  • スローイング・・・3
  • 移動平均線の種別・・・Simple

ちなみにストキャスの幅を変えたいときは、
%K期間の値を変更すると幅が変えられます。

しかし、設定は初期のままをお勧めします。
理由は皆がそうしているからです。

以前の「【バイナリーオプション攻略】ボリンジャーバンドを使った必勝法!
でもお話ししましたが、インジケーターは投資家の心理を
簡単に表示してるもので、みんなが使っているからこそ
反応しやすいという傾向にあります。

ですので、みんなが使っている初期設定の値で大丈夫です。

表示すると上のようなチャート画面になります。
下の画面に2本の線が上に行ったり、下に行ったりしているのがわかります。

ストキャスの左側を見てみると、
80と20のラインが引かれているのがわかります。

これは相場の買われすぎと売られすぎを見るもので、
投資家によっては70と30に設定している人もいますが、
80と20が一般的だと思います。

・80(70)・・・買われすぎ
・20(30)・・・売られすぎ

Stochastic Oscillatorはどう使うのか?

ストキャスティクスは主に逆バリで使われます。

相場の買われすぎと売られすぎを見るオシレーターなので、
ここまで買われたら買う人が少なくなって下がるだろうな。
ここまで売られたら売る人が少なくなって上がるだろうな。
と言うように予想ができます。

ですので、例えばストキャスティクスが80のラインまで上がり、
下に下がるような動きを見せたらLowでエントリーします。


上の画像でいうと、水色の縦線で80に達した後に黄色の線を白い線が、
上から下に突き抜けたのを確認出来たら次のローソク足の始値でエントリーします。

もちろんストキャスティクスは逆バリ用のインジケーターなので、
レンジ相場で使うのが一般的です。

トレンド相場で使うと十分に力を発揮しないので、
使うときはレンジ相場で使いましょう。

順張りにおすすめのインジケーターはこちらの記事でご紹介しています。
勝率を上げるためには手法が大事?バイナリーオプション必勝法

ストキャスティクスを使った手法

ストキャスティクス単体では、
だまし」と言うものが多く勝てないことが多いです。

ですので、いろんなインジケーターや、
ラインなどを引いて、より勝率を高めることが大切です。

ストキャスティクスとボリンジャーバンド

ストキャスティクスと併せてよく使われるのが、
ボリンジャーバンドです。

上の画像を見てもらうと、
赤で丸をつけた部分で反発しているのが分かります。
ちなみに黄色の線が±2シグマで水色の線が±3シグマです。

このようにボリンジャーバンドのバンド部分に触れたところで、
ストキャスティクスが反応したらストキャスティクスだけの時より、
期待値は高まります、

期待値が高まると言うことは、
そこでエントリーしたら勝ちやすいという根拠になると言うことです。

ですので、ストキャスティクスを使うときは
ボリンジャーバンドを表示してみてください。

ストキャスティクスと水平線

もう一つストキャスティクスと使うと効果的なのが、
レジスタンスラインやサポートラインになる水平線です。

水平線は、レンジ相場の天井と床になり得る場所
分かり安く表示します。

例えば上の画像で赤い丸が付いているところは、
水平線で反発しているところです。

このように反発した時にストキャスティクスが反応したら
期待値が高まります。

また、先ほど述べたボリンジャーバンドと組み合わせて使うと、
さらに効果が高まります。

さらに、水平線を突き抜けたらトレンドが出る可能性が出てくるので、
エントリーを避けることも可能になります。

ですので、ストキャスティクスを使うときは、
水平線は必須と言っても過言ではありません。

最後に

逆バリ系のオシレーターは、
単体で使うことは滅多にありません。

他にもRSIやCCIなどのオシレーターもありますが、
他のインジケーターと組み合わせて使うことがほとんどです。

バイナリーオプションで勝つためには、
いろんなインジケーターを組み合わせて
それぞれの反応を見ながら手法を確立することが大事です。

ですので、ストキャスティクススを使うときも、
いろんな組み合わせを試してみて自分なりの手法を確立してください。

加藤エルおすすめサインツール

今回紹介したストキャストティクスと相性の良いサインツール
今回限定で20名だけに無料でプレゼントいたします!

受け取り方は下記の通りです。

今回はこのサインツールを「加藤エルバイナリー」を
見てくださっている方全員に無料でプレゼントいたします。

受け取り方は、
1.下記の友達追加ボタンから加藤エル公式ラインを追加する
加藤エルおすすめサインツール無料プレゼントページ
2.ツール受け取りの説明を受ける
3.ツールを無料プレゼント
です。

 

  • 今までいろんな手法を試したが勝率があがらない
  • エントリーポイントがまだ分からない
  • すぐに結果を出して稼げるようになりたい

こんな悩みをお持ちの方は是非この機会に受け取ってください!

関連記事

バイナリーツール無料プレゼント

2017-12-19

バイナリーツール無料プレゼント

プロフィール

sample_001

名前:加藤エル

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日、藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、6ヶ月後にはまさかの月収50万超え。現在は借金を全て返済し様々な媒体でお得な情報を発信しています。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。