ライントレードとは?ラインの5つのポイント

ライントレードって何だか難しそうですよね。

・ 自分でラインをひいてやるからちょっと自信がない・・
・ どんなタイミングでトレードしたらいいかわからない

そんな不安を私も持っていました。

ですが、ライントレードを覚えると最強の手法だとわかったんです。
ストキャスとかRSIとか、色んなインジケーターがありますが
チャートに自分でラインを引いていくライントレードが最強ですよ。

ライントレードができるようになると

・ 相場をシンプルに見るので誰でも判断できる
・ 優位性のある取引ができる
・ ずっと相場を見なくていい

などのメリットがあります。

この記事では

ライントレードって何だか難しそうですよね。

 

・ 自分でラインをひいてやるからちょっと自信がない・・

・ どんなタイミングでトレードしたらいいかわからない

 

そんな不安を私も持っていました。

 

ですが、ライントレードを覚えると最強の手法だとわかったんです。

ストキャスとかRSIとか、色んなインジケーターがありますが

チャートに自分でラインを引いていくライントレードが最強ですよ。

 

ライントレードができるようになると

 

・ 相場をシンプルに見るので誰でも判断できる

・ 優位性のある取引ができる

・ ずっと相場を見なくていい

 

などのメリットがあります。

 

この記事では

 

・ ラインを自身を持って引けるようになりたいと思っている人

・ ライントレードを使ったタイミングの見極め方を知りたい人

 

に向けて5つのポイントを解説していきます。

 

ライントレードとは?

 

ライントレードというのは、トレンドラインや水平線を

チャート画面に引いて、それをもとに取引をするものです。

 

ライントレードは順張りと逆張りのどちらでもできます。

 

トレンドラインの見方

 

トレンドラインというのは名前の通り、
トレンド相場の時に上昇トレンドの場合は安値、
下降トレンドの時は高値に引きます。

 

トレンドラインを引くことによって

トレンド相場の押し目と戻りがわかりやすくなるんですね。

 

押し目と戻りがわかりやすくなると

相場はまだトレンドが続いていくって感覚でわかります。

 

押し目と戻りがわかりやすくなると、

まだ相場はトレンドが続いていくことがわかります。

なので、トレンドの出ている方向にエントリーする

順張りが予想しやすくなるんです。

 

反対にトレンドラインを割ると

トレンドの終わりやトレンド転換も予想しやすくなるので

逆張りに切り替えてエントリーを狙うこともできます。

 

水平線の見方

 

水平線は2つあります。

 

  •  レジスタンスライン・・ 上から相場を支えるライン
  •  サポートライン・・   下から相場を支えるライン

 

レンジ相場で直近の高値と安値に線を引くと

その線が天井と床になって相場が反発しやすくなります。

 

ラインを引いたことで

 

・ 「ここまで上がったら下がるな・・」

・ 「ここまで下がったんだからさすがに上がるでしょ」

 

と予想が立てやすくなり逆張りしやすくなりますよ。

 

ちなみに、水平線を下から上もしくは上から下に突き抜けると

「レンジブレイク」といって突き抜けた方向に勢いがついてきます。

 

この「レンジブレイク」を確認できたら

逆張りから順張りに切り替えて新たな戦略を立てることができます。

 

これだけはおさえておくラインの5つのポイント

 

ここからはライントレードをする上でこれだけはおさえておいてほしい

5つのポイントを紹介していきます。

 

まずはレジサポをひこう

レジサポとは、レジスタンスラインとサポートラインを組み合わせた言葉です。

要は2つのラインをひこうということですね。

 

レジサポラインをきちんとひくことができれば

勝率は70%を超えるんじゃないかと思います。

 

レジサポをひくコツは、反発しているポイントが多い点をしっかりと抑えて

その部分をつなぐように水平のラインを引くこと。

 

そして、15分→5分→1分と大きなトレンドから掴んでそこから細かく修正していく

ようにしましょう。

 

トレンド方向に沿ったライントレードに徹しよう

 

長期の時間足チャートからトレンドの方向を確認して

そのトレンド方向に合わせたライントレードに徹しましょう。

 

つまり長期の時間足が上昇トレンドだったら

 

サポートラインの押し目買いとレジスタンスラインを

ブレイクしたあとの買い方向に徹することです。

 

ブレイクアウトすると思ってトレードを早めない

 

ある程度、ここまで行ったら下がるだろうとか上がるだろうとか

予測を立てやすくなったときに陥る罠ですが

 

ブレイクアウトするのを待つことなく相場がラインに到達したら

すぐにトレードをしてしまうのは危険です。

 

必ず結果が出てからトレードを行いましょう。

 

ブレイクアウトしてもすぐにトレードをしない

 

レジサポラインをブレイクアウトするということは

ほとんどの場合が前回の高値・安値を更新しているということ。

 

サポートラインをブレイクアウトすると

そのサポートラインはレジスタンスラインに切り替わり

一旦そのレジスタンスラインに戻る傾向があります。

 

戻りを待ってから下落の勢いを確認して売り方向でトレードを行いましょう。

 

初心者はまずデモ口座で

初心者の方は、まずデモ口座でライントレードを試してみましょう。

ライントレードは奥が深いですが、コツを掴むのに時間がかかるかもしれません。

 

1回で完璧な線なんてひけないということを覚えておく必要があります。

ある程度練習を積み重ねた上でチャレンジするのがいいでしょう。

<h3>妥協トレードをしない</h3>

 

これはメンタル的な問題ですが

1エントリー1エントリーを全力でやらないとうまくなりません。

 

負けた理由が自分でわからないっていうくらい本気で分析してから

トレードをするべきです。

 

エントリーをすることが正しいのではなく

勝つことが正しいというマインドを持ちましょう。

まとめ

 

    •  ライントレードができると、優位性のある取引ができて相場をずっと見なくてもよくなる。

 

    •  トレンドラインを引くことによりトレンド相場の押し目と戻りがわかりやすくなる。

 

    •  レジサポラインをきちんと引ける勝率は70%を超える

 

  • ・ 初心者はまずデモ口座で挑戦しよう

 

ラインを制するものはトレードを制するという言葉があります。

 

慌てず急がず、じっくりとエントリーして勝ちを積み重ねていきましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バイナリーサインツール無料プレゼント

2018-12-7

バイナリーツール無料プレゼント

このサイトの閲覧数

  • 100,344 アクセス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。