コツのいらないバイナリーオプション!加藤エルの攻略必勝法を公開!

どうも加藤エルです。

 

「バイナリープションのコツを教えて下さい!」
「コツがなかなか掴めません」
という言葉をたくさん貰います。

 

ですが、実はコツを掴めなくても
バイナリーオプションで勝つことができるんです。

 

まだバイナリーオプションを始めたての方や
始めたが中々思うようにいかない方で
コツが必要だと思っている方は
この記事を読んで参考にしていただければと思います。

 

では本編に参ります。

コツのいらない必勝法とは?

そもそもコツをつかむという言葉は、
「物事の本質を見抜いて自分のものにすること」です。

 

バイナリーオプションでいうと、
「相場がなぜ動くのか」
「経済状況による値幅変動」
などの値動きの本質を知るこで
勝てるようになっていくということです。

 

皆さんが実践している、手法があるとして、
その手法でなぜ勝てるのかをしっかりと考えて
取引している方は少ないでしょう。

 

コツをつかむというのは、
手法やサインツールなどがなぜ勝てるのか、
という本質部分を理解すると言うことなのです。

コツがなくても勝てるわけとは?

ではなぜコツがなくても勝てるのでしょうか?

 

先ほども述べましたが、
手法や相場の本質を理解しながら取引している方は少ないです。

 

私はバイナリーオプションで長い期間取引しているため、
コツをつかんでいるといえますが、
簡単につかめるものではありません。

 

ですが、取引ルールを確立すれば、
誰でも簡単に勝率を伸ばすことができます。

 

例えば、サポートラインに触れたら
次の足でエントリーをしようなどのルールです。

 

これをしっかりと守れれば、
コツをつかまなくても勝率を伸ばすことができます。

 

それでも勝てないという方は、
そもそも手法があっていないだけだと思いますので、
取引ルールの見直しが必要です。

 

コツのいらない必勝法:順張り

では実際に取引ルールを
いくつか紹介したいと思います。

 

自分にあったルールーを見つけて、
これからの取引に役立ててください。

 

また、もっと詳しく知りたい場合は、
段落の最後に関連リンクを載せておくので、
そちらも併せてご覧ください。

 

移動平均線を使った攻略

まず始めに、テクニカル分析で一番王道な
移動平均線での必勝法についてご説明します。

 

移動平均線は基本的に
トレンドの方向性を確認するテクニカル指標です。

 

移動平均線の取引ルールは以下です。

  • ゴールデンクロス時に完全にローソク足が長期移動平均線の上で確定したとき、次のローソク足の始値でHigh
  • デッドクロス時に完全にローソク足が長期移動平均線の下で確定したとき、次のローソク足の始値でLow

これ以外にもパーフェクトオーダーなどもありますが、
はじめは基本的なクロスをしっかりと覚えていただければ
問題ありません。

 

一目均衡表を使った攻略

次に一目均衡表です。
一目均衡表で見るべきポイントは、
雲の厚さです。

 

雲が厚ければ厚いほど、
値動きが出ていると言うことなので、
雲の厚さには注意が必要です。

 

一目均衡表での取引ルールは以下です。

  • 雲の上抜け後、雲の上端まで落ちてきた後の反発でHigh
  • 雲の下抜け後、雲の下端まで落ちてきた後の反発でLow

これは「雲抜けのファーストタッチ」という動きです。
トレンド発生後の押し目買い、戻り売りを狙う場面でありますので、
ぜひ覚えていただければと思います。

意外と知られていない順張り手法を公開!【前編】
この相場は気を付けろ!エントリーを見送るポイント/一目均衡表

 

コツのいらない必勝法:逆張り

先ほどは順張りの必勝法についてご説明しましたが、
今度は逆張りについてご説明します。

 

逆張りは、流れとは逆方向にエントリーするため、
若干難しさはありますが取引ルールを守って取引することが
勝つための第一歩です。

 

ボリンジャーバンドを使った攻略


本来ボリンジャーバンドは値幅変動を表すテクニカル指標ですが、
逆張りにも使えるんです。

 

ボリンジャーバンドのバンドはそれぞれ内側から、
±1シグマ、±2シグマ、±3シグマと呼びます。

 

だいたい2シグマから最大で3シグマまで表示させている人が多いです。

 

バンドの性質上、出たら戻ってくると言う性質があるため、
バンドに触れたら反発狙いの逆張りがセオリーです。

 

ボリンジャーバンドのと取引ルールは以下です。

  • +3シグマ突き抜け後、反発でlow
  • ー3シグマ突き抜け後、反発でHigh

ボリンジャーバンドのシグマ反発を狙う際は、
バンドウォークで大きく負けてしまう恐れがあるので、
他のテクニカル指標を組み合わせて取引することが大事です。

 

オシレーター系を使った攻略

オシレーターは逆張りには最適な、
テクニカル指標になります。

 

よく使われるものは、

  • RSI
  • CCI
  • ストキャスティクス
  • MACD

です。

MACDを除いて、
それぞれ相場の売られすぎ・買われすぎの
ダイバージェンスを見るものです。

 

例えば、売られすぎている場合
これ以上売られないから相場は上がるだろう
と言うものです。

 

上の画像はRSIで上限80、下限20で設定しています。
RSIを使った取引ルールは以下です。

  • 80に触れたとき、角度をつけて下がったらLow
  • 20に触れたとき、角度をつけて上がったらHigh

トレンド時は、上限下限に張り付く場合もありますので、
使う際には注意が必要です。

 

また、オシレータ全般は単体で使うとダマシに合いやすいため、
他のテクニカル指標と併せて使ってください。

 

コツよりも回数をこなせ!

バイナリーオプションはコツをつかむよりも、
取引ルールをしっかりと守って取引することが大事です。

 

そして、ルールを守った上で、
回数をこなすことで自然とコツがつかめてきます。

 

最初からコツをつかもうとせず、
地道に取引をして自分の力にしてください。

 

コツのいらないバイナリーオプションまとめ

バイナリーオプションはコツはいらず、
取引ルールを確立した上で回数をこなしてください。

 

今回紹介した取引ルールは以下です。

移動平均線

  • ゴールデンクロス時に完全にローソク足が長期移動平均線の上で確定したとき、次のローソク足の始値でHigh
  • デッドクロス時に完全にローソク足が長期移動平均線の下で確定したとき、次のローソク足の始値でLow

 

一目均衡表

  • 雲の上抜け後、雲の上端まで落ちてきた後の反発でHigh
  • 雲の下抜け後、雲の下端まで落ちてきた後の反発でLow

ボリンジャーバンド

  • +3シグマ突き抜け後、反発でlow
  • ー3シグマ突き抜け後、反発でHigh

RSI

  • ・80に触れたとき、角度をつけて下がったらLow
  • ・20に触れたとき、角度をつけて上がったらHigh

もちろん、これだけで絶対勝てるというわけではありません。
ですが、少しでもこれからの取引のヒントになっていただければ光栄です。

 

ではまた、次回の記事でお会いしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バイナリーサインツール無料プレゼント

2018-12-7

バイナリーツール無料プレゼント

このサイトの閲覧数

  • 100,332 アクセス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。