この相場は気を付けろ!エントリーを見送るポイント/一目均衡表

今回は一目均衡表(雲)を使用したエントリーを見送るポイントについて解説します!

一目均衡表とは

一目均衡表は昭和に日本人の細田悟一氏によって株式の分析方法として作られたものです。細田氏のペンネーム「一目山人」にちなみ、一目均衡表と現呼ばれており、海外や日本でも幅広く用いられています。

 

一目均衡表の特徴はチャートに先行スパンと呼ばれる線が引かれていることです。これにより、チャートの基本である過去の分析に加え相場の先を予測した部分も視覚的に見ることが可能となり、相場の流れを理解しやすいという特徴があります。

一目均衡表はローソク足を基本として「転換線」「基準線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」の5本もの線をがあって成り立っています。

 

ローソク足
ローソク足とは陰線、陽線とあり、日本で発明され現在は世界でも使用されている代表的なものです。ローソク足1つで始値、終値、高値、安値の4つの値段をよみとることができます。

 

転換線
過去9日間の終値の最高値と最安値を足して2で割ったものです。
短期間のトレンドを確認する場合に使用します。

 

基準線
過去26日の終値の最高値と最安値を足して2で割ったものです。
転換線よりは少し長い中期間のトレンドを確認する場合に使用します。押し目の買いや戻り売りのポイントとして使用されることもあります。

 

先行スパン1
「転換線」と「基準線」の数値を足して2で割ったものを26日先に描画します。

 

先行スパン2
過去52日間の最高値と最安値を足して2で割ったものを26日先に描画します。

 

遅行スパン
終値を26日前に描画したものです。

一目均衡表の使い方

一目均衡表の最も代表的な使われ方は先行スパン1と先行スパン2の間の「雲」といわれる部分をローソク足が突き抜けた場合に上に突き抜ければ強い買い、下に突き抜ければ強い売りの確認になります。横切った場合に上抜ければ強い買いサイン下抜ければ強い売りサインというものです。

最後に横切る線が「先行スパン2」ですので52日間の半値戻しポイントを突き抜けたという意味で最終防衛ラインを突破した位の意味合いがあるとされます。

ただし、相場がもみ合っているレンジ相場の場合には雲のつき抜けが多く発生する可能性がありますので必ずしも強い買い、強い売りのサインとはならない点に注意が必要です。

転換線と基準線

この二本の線の中で特に「基準線」の動きは期間が長い分だけ相対的に緩やかですので傾き全体的なトレンドを最も簡単に理解する方法です。たとえば一時的に相場が上昇しても基準線の傾きが下向きであった場合などはその上昇相場は短期的なものであり、全体的な勢いは下降しているのが読み取ることができます。

また、より短期間のトレンドの線である「転換線」が「基準線」を上抜けた場合を「好転」逆に下に突き抜けた場合を「逆転」といい特に重要な買い相場、売り相場の転換点として使用することがあります。

遅行スパン

「遅行スパン」は現在の値を26日戻したものですが、これは26日前に売り、買いした投資家が結果どうなっているのかを示しています。例えば遅行スパンが価格の上にあれば26日前に買った人に利益が出ている、下にあれば26日前に買った人は利益が出ていないということになります。

 

このように遅行スパンは中期でポジションを持った人の損益の転換点ですので、遅行スパンが価格にタッチした時点から上昇相場や下降相場に転換する場合があります。

 

一目均衡表は難しそうに見えて、株式投資の初心者でもすぐに使いこなせる優れたテクニカル指標です。トレードをする際は必ず上がる根拠、下がる根拠が必須になりますので、根拠の1つとして一目均衡表を使用していただくことがバイナリー初心者にはおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
30 Second Binary options

関連記事

バイナリーツール無料プレゼント

2017-12-19

バイナリーツール無料プレゼント

Japanese all-rounder

プロフィール

sample_001

名前:加藤エル

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日、藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、6ヶ月後にはまさかの月収50万超え。現在は借金を全て返済し様々な媒体でお得な情報を発信しています。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。