逆張りしたい人はまずこれを見ろ!バイナリーオプション逆張り手法

どうも加藤エルです。
今回は逆張り手法についてお話します。

 

なぜこれを話そうと思ったかと言いますと、
トレンド相場で逆張りをして失敗したり、
逆張りについて理解が薄い方がいたので、この記事を書くことを決めました。

 

ですので、逆張りをしたい人はこの記事を読んで、
逆張り手法の基礎を固めていただけたらと思います。

逆張り手法とは何か

バイナリーオプションにおける「逆張り」とは何でしょうか?

 

逆方向にエントリーすると理解されている方がほとんどだと思います。
これでは中々勝てないのも納得がいきます。

 

逆張りというのは本来、
どこまで上がるか、どこまで下がるかを予測した上で、
これ以上は上がらないからLowエントリー、
これ以上は下がらないからHighエントリー
というようにエントリーする手法になります。

 

これが分かっていないと、
バンドウォークに引っかかってしまったり、
変なところでエントリーしてしまったりするのです。

 

ですので、しっかりと天井と底を見極める必要があります。

 

では実際にどういった相場でエントリーするのが適切かについて、
お話していこうと思います。

逆張り手法で適切な相場

結論から申しますと「レンジ相場」です。
これは加藤エルサイトで紹介している逆張り手法のどの記事を読んでも
同じことが書いてありますのでぜひ他の記事もご覧いただけたらと思います。

 

ではどのような相場をレンジ相場というのか、
下の画像を見てください。

もしレンジ相場を定義するならば、
「一定の値幅を上がったり下がったりしている相場」
です。

 

画像を見ていただくと一目瞭然だと思います。
ただ「天井と底」ではなく、一定の値幅を動いているときの、
「天井と底」で反対方向にエントリーするのが逆張りです。

 

ですので、まったく値動きがない相場や、
値動きが出ている相場では天井と底が不明確なため、
エントリーをしないのが無難です。

レンジ相場になりやすい時間帯

これは少々時間帯分析になってしまいますが、
どんな手法にも向いている時間帯があります。

 

よく逆張りをされている方で、
「レンジ相場なんてこない」
とおっしゃる方がおおいです。

 

これは、仕事終わりで夜にエントリーしている方にみられます。

 

レンジ相場になりやすいのは、ずばり東京市場が開いている、
午前中から夕方にかけてです。

 

時間帯分析については別の記事でご紹介していますので、
そちらも併せてご覧ください。

 

もちろん、夜にもレンジ相場が現れる場合もあります。
一概に昼間しかできないわけではないですが、
昼間のほうがレンジになりやすいと言うことがご理解いただけたらと思います。

逆張り手法には必要不可欠なもの

逆張りにはなんといっても、
水平線が必要になります。

 

水平線を引くことにより、
天井と底が明確になります。

 

水平線を越えればトレンドになりやすいので、
エントリーを見送ることもできます。

 

このように水平線は逆張りを行う上で必要不可欠なものになるので、
ラインの引き方が分からない方は記事の最後にライントレードについての記事リンクを貼っておくのでご覧ください。

バイナリーオプション逆張り手法まとめ

逆張りを行う上で必要な基礎知識についてご紹介いたしました。

 

逆張りはざっくりとレンジ相場で行うという考えでは無く、
どこまで上がるか、下がるかが明確な相場という考えのもと行うことが好ましいです。

 

またレンジ相場になりやすい時間帯については、
東京市場が開いている午前から夕方にかけてが適しています。

 

最後に、逆張りを行う上で必要不可欠になる水平線です。
引き方が曖昧な方は、下記のリンクから
ラインの引き方について学んでいただけたらと思います。
ライントレードにはコツがある?加藤エルが教えます!

それではまた、次回の記事でお会いしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
30 Second Binary options

関連記事

バイナリーツール無料プレゼント

2017-12-19

バイナリーツール無料プレゼント

プロフィール

sample_001

名前:加藤エル

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日、藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、6ヶ月後にはまさかの月収50万超え。現在は借金を全て返済し様々な媒体でお得な情報を発信しています。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。