【バイナリーオプション攻略】ボリンジャーバンドを使った必勝法!

バイナリーオプションで利益を効率的に出し続けるためには、
ボリンジャーバンドを有効活用すると良いでしょう。

ボリンジャーバンドの性質をしっかり理解することができれば、
トレンド相場でもレンジ相場でも安定して
利益をあげることができるようになります。

もちろん、
ボリンジャーバンドの使い方をマスターすれば
バイナリーオプションで必ず勝てるようになる
というわけではありません。

ですが、
勝率を高めることがもっとも重要なバイナリーオプションにおいて、
利益を最大限に高めることができるようになるのは事実です!

ここでは、

  • ボリンジャーバンドの設定方法
  • ボリンジャーバンド見方の基礎解説
  • 実際のボリンジャーバンドを使ったバイナリー攻略法の紹介

これらを解説していきますので
この記事を読みながら実践して覚えるようにしてください。

ボリンジャーバンドの特徴

ボリンジャーバンドとは、
移動平均線の上下に値動きの予測変動幅(バンド)を設けたインジケーターです。
偏差によってそのバンドに収まる確率は異なります。

±1σ・・・約68%
±2σ・・・約95%
±3σ・・・約99%

このような性質を持つため、本来は順張り用に考えられた指標でしたが、
今では逆張りに用いられることが非常に多くなりました。

ただ、ローソク足の実体がバンドの外に出ようとすると、
バンドも実体を収めようと広がるため過信してはいけません。

とはいえ、有用なインジケーターに間違いはないので
早速設定していきましょう。

ここではMT4と言う無料チャートツールを利用した
ボリンジャーバンド設定方法を説明します

MT4について詳しくはこちらを参照してください
バイナリーオプションに必須!MT4とは?

ボリンジャーバンドの設定方法

ツールバーから「インディケーターリスト」→「トレンド」→「Bollinger Bands」をクリックしてください。

このような設定画面になります。

通常変更するとすれば、「偏差」と「スタイル」です。
初期設定のまま導入してみましょう。

これが約95%の確率で価格が収まる±2σのバンドです。
中央には移動平均線(MA)が表示されます。

続いて、±3σのバンドを導入してみましょう。
先ほどと同じように、
「インディケータリスト」→「トレンド」→「Bollinger Bands
をクリックしてください。

今度は「偏差」を3に設定し、「色」をBlueにし、「線の太さ」を太くしてみます。

これが約99%の確率で価格が収まる±3σのバンドです。

今回はもうひとつ±1σのバンドを追加してみます。

前回同様、
「インディケータリスト」→「トレンド」→「Bollinger Bands」
をクリックして設定画面を開いてください。
「偏差」を1、「色」をAqua、「形状」を破線にしてみます。

一番内側に±1σのバンドが追加されました。
約68%の確率で価格が収まるバンドです。

これで一通り設定は終わりです。

お好みで±2σだけを入れたり、
色や線の太さを変えたり自由にカスタマイズしてみてください。

それと他にも4σや5σなども設定できますが、
1~3の偏差に設定するのが一般的です。

ボリンジャーバンドのバンドウォーク

ボリンジャーバンドは、
トレンド相場なのか、それともレンジ相場なのかを見極めるうえで
とても有用なテクニカルツールのひとつです。

どのような形がバンドウォークなのか、実際のテクニカルチャートを見ながら説明していきたいと思います。

上のテクニカルチャートに赤丸で囲っている部分をご覧ください。

それまで収縮していたボリンジャーバンドが拡大し、
ローソク足がボリンジャーバンドの+2αに沿って
上昇し続けているのがお分かりいただけるかと思います。

このバンドに沿ってローソク足が移動しているものがバンドウォークです。

ローソク足がボリンジャーバンドのバンドに沿って移動を続けている時、
相場ではトレンドが発生していると見ることができます。

この性質を利用して、
バイナリーオプションで効率的に利益を上げ続けていくのです。

バイナリーオプションで利益を出すために有効なテクニカルチャートのひとつが、
ボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドが拡大し、ローソク足がバンドに沿って移動する、
いわゆる「バンドウォーク」の際は
トレンドが発生していると考えることができますので、
トレンドに沿った方向にエントリーすることが
利益を上げるポイントになるでしょう。

ここでは、バンドウォークを狙ったエントリー手法を説明したいと思います。

バンドウォーク直後のローソク足でエントリー

このテクニカルチャートを見ると、
ローソク足がボリンジャーバンドの+2αに沿って上昇、
つまりバンドウォークをしていることが分かります。

この場合、上昇トレンドが発生していると判断することができます。
バイナリーオプションではHighでエントリーしましょう。

ただし、いくつか注意点がありますので、
以下をチェックしてください。

初動時の±3σ到達はエントリーを避ける

このテクニカルチャートを見ると、
相場価格が一気に上昇し、
ローソク足の頭がボリンジャーバンドの+3αに到達したことが
お分かりいただけると思います。

ボリンジャーバンドの+3αに到達したということは
相当強い上昇トレンドが発生する可能性があるのですが、
初動で+3αに到達した場合、
一時的に利確などの動きが出る可能性があり、
次のローソク足で少し価格を落とすことがあります。

したがって、ローソク足が初動で+3αに到達した場合、
その次の足でエントリーするのは避けたほうが良いかもしれません。

必ずチャンスはめぐってきますので、
焦ってエントリーすることなく、
相場の動きを見ながら落ち着いてエントリーすることが大切です。

ボリンジャーバンド収縮後の拡大

強いトレンドが発生する前は、相場は迷っている状態にあるケースが多いです。

つまり、レンジ相場からトレンド相場へと移行するわけですが、
迷っている状態が長ければ長いほど相場にパワーが蓄積され、
その後大きなトレンドにつながる可能性が高いとされています。

したがって、ボリンジャーバンドが一時的に収縮し、
その後に拡大したら、大きなトレードチャンス到来です。

逆にボリンジャーバンドが収縮せずに拡大した場合、
大きなトレンドとはならない可能性があるため、
バイナリーオプションでエントリーするのは避けたほうが良いです。

ボリンジャーバンドの±2σと±1σの間に入り込んだら様子を見よう

上のチャート上で赤丸で囲んでいる部分を見ると、
ローソク足がボリンジャーバンドの+2αに沿ったバンドウォークを終え、
バンドの+2αと+1αの間に入り込んでいるのがお分かりいただけるかと思います。

この場合、いったん利確などの動きが出ている可能性が高く、
このままズルズルと下げるケースもあれば、
再び上がるケースもありますので、
エントリーは控えたほうが良いでしょう。

バンドの反発を狙う

このテクニカルチャートの赤丸で囲った箇所を見ると、
バンドウォークを終えた後のローソク足がバンドの+1αに接触し、
反発上昇していることが分かると思います。

このように、バンドウォークを続けた後のローソク足は
その下のバンドに接触すると反発する可能性が高いため、
大きなエントリーチャンスとなるでしょう。

ただし、こちらもエントリーする前に以下の点に注意が必要です。

ローソク足確定後にエントリー

ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時点で
エントリーしているという方も多いのではないでしょうか。

それは少々リスクが高いかもしれません。

なぜなら、陰線のローソク足がそのままボリンジャーバンドの+1αを下回り、
下落する可能性も考えられるからです。

したがって、ローソク足がボリンジャーバンドの+1αの上で確定した後
エントリーすることがポイントになります。

少しでも勝率を高めるためにも、ぜひ実践してください。

トレンドはいつか終わる

トレンドが永遠に続く相場というものはありません。

上のテクニカルチャートでは、
ボリンジャーバンドの+1αで2度反発した後、
高値を更新することができず、今度は徐々に下落しています。

ポイントとなるのはボリンジャーバンドの真ん中を走る移動平均線であり、
ローソク足がこれを下回ったら下落に転換する可能性が高いです。

バイナリーオプションをする際には、
この移動平均線とローソク足と位置関係にも着目すると良いでしょう。

ボリンジャーバンドと組み合わせて使おう!

今回ご紹介したボリンジャーバンドに相性のいいツールを
今回特別に限定20人に無料でプレゼントしたいと思います!

平均勝率がマーチンなしで驚異の70%~80%

  • バイナリーオプションでなかなか勝率が上がらない
  • エントリーポイントが漠然としている
  • すぐに結果を出したい!

こんな悩みをお持ちの人は是非受け取ってください!

受け取り方は下記の友だち追加ボタンから【加藤エルバイナリー公式アカウント】を友達追加するだけ!

是非僕からのプレゼントを受け取って、
今後のトレードに役立てください。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。