初心者必見!相場感を鍛えよう【レンジ相場編】

 

バイナリーオプションには、相場の状況に応じて2つの戦略が考えられます。

値動きがないレンジ相場か、値動きがあるトレンド相場です。

 

通常値動きのないレンジ相場で、FX取引で利益を上げるのはとても難しいです。

なぜなら、レンジ相場ではレートが一方向に動くようなトレンドを作らないからです。

 

FXの場合、取引しようとしている通貨ペアのレートが

大きく動くということを予想するので、

値動きが見込めないなら利益が出ないのでエントリーはしません。

 

しかし、バイナリーオプションはその取引の速さから、レンジ相場でも

勝ちやすいという事実があるのを知っていましたか?

 

ここでは、初心者でもスムーズにレンジ相場を理解し

相場観を磨いていく術を解説していきます。

 

 

レンジ相場の特徴はアンビバレント

上昇トレンドと下降トレンドがひと目で分かるトレンド相場と違い

レンジ相場は、上にも下にもどちらにも動いている状態のことをいいます。

 

「買い」に対しても、「売り」に対しても流れが形成されていないということは

逆に分析どおりに動きやすい相場」と解釈することができます。

 

とはいえ、「買い」と「売り」のパワーバランスが拮抗しているので

力を持っている投資家が参入するだけで、

予想ができない動きをすることが多いのも

レンジ相場の特徴と言えます。

 

 

 

レンジ相場での逆張りは狙えるチャンス

 

バイナリーオプションは値が上がるか下がるかを予想するゲームなので

相場に動きがないとイマイチ掴みづらいのですよね。

なので取引自体を見送っているという人も結構いるのではないでしょうか。

 

私も最初はそうでした。

 

しかしレンジ相場とはいえ、細かく値動きはしているのです。

 

上値と下値、そしてレンジブレイクを見極めることが出来るようになれば

攻略はそう難しくありません。

 

レンジ相場は全体の7割、トレンド相場は全体の3割と言われています。

なのでレンジ相場を諦めるということは機会損失をしているということなのです。

 

上がりきったところ、下がりきったところを狙う逆張りをすれば

勝率もアップしますよ。

 

 

逆張りにはオシレータ系テクニカル指標とボリンジャーバンドを組み合わせよう

 

逆張りにあたっては、レンジ内での上限・下限のラインを見極める必要があります。

ストキャスティクスやRSIを使って相場が買われすぎなのか売られすぎなのかを

見極めることができます。

 

合わせて、ボリンジャーバンドも併用すれば、さらに精度の高い相場分析が可能になります。

 

7割と言われるレンジ相場を指をかじってみてる場合ではありません。

逆張りしてどんどん攻めていきましょう。

 

 

 

レンジ相場のときに賭けるべき時間帯

 

各国には為替主要時間があります。

 

・ 欧州時間:16時~24時

・ ニューヨーク時間:21時~翌6時

・ 東京時間:午前9時~16時

・ オセアニア時間:4時~15時

 

レンジ相場で賭けてみたい人は、世界中で取引の少ない時間帯と

為替相場に参入する人が少ない時間帯を選びましょう。

 

それはズバリ、東京時間とオセアニア時間です。

 

ピンポイントで狙うならば、東京時間はトレンド相場になることもあるので

オセアニア時間で、かつ東京時間とかぶらない

4時から9時までの間の時間を狙うと良いでしょう。

 

レンジ相場で賭けたい人は、世界中で取引量の少ない時間帯と

為替相場に参入する人が少ない時間帯を選べば良いです。

 

それは、東京時間とオセアニア時間です。

 

オセアニア時間の4時から15時と東京時間の

9時から16時はレンジ相場になりやすいです。

 

もっと絞るならば、東京時間は場合によってはトレンド相場になるときもあるので、

オセアニア時間で、なおかつ東京時間とかぶらない

4時から9時までの間を狙うと良いでしょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

まずはレンジ相場とトレンド相場の2つの相場の違いをチャートで見ただけで

すぐに区別できるようになるといいですね。

 

相場の違いを知ることが為替自体を理解することになり

儲けを生み出すことにつながるのです。

 

まとめていきます。

 

・ バイナリーオプションはFXと違い、レンジ相場でも勝ちやすい

・ レンジ相場は分析どおりに動きやすい相場である一方、ちょっとしたことで

予想できない動きをすることがある

・ 攻略の基本は逆張り。オシレータ系とボリンジャーバンドを併用しよう

・ レンジ相場でかけるべき時間帯はオセアニア時間の4時から9時

 

なぜレンジになっているのか?なぜトレンドになっているのか?

という根拠も追っかけて、チャート予測の力を身に着けていきましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
30 Second Binary options

関連記事

バイナリーツール無料プレゼント

2017-12-19

バイナリーツール無料プレゼント

Japanese all-rounder

プロフィール

sample_001

名前:加藤エル

ギャンブルづくしの両親、膨大な家の借金、バイトを掛け持ち借金を返済する毎日、藁をも掴む思いで挑んだバイナリーオプションで、6ヶ月後にはまさかの月収50万超え。現在は借金を全て返済し様々な媒体でお得な情報を発信しています。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。